目次

Volume 25 Number 7

表紙について

免疫療法では全身性の副作用が生じることがあり、それが治療法としての可能性を狭めていることが多い。今回Daninoたちは、非病原性大腸菌を改変し、腫瘍微小環境中で溶菌して積み込まれた薬剤を局所的に放出するように設計した。放出された薬剤は免疫活性化を亢進させて、腫瘍の退縮を促進する。表紙のイラストはロシアの人形のマトリョーシカ。入れ子になっているこの人形が、細菌をプログラムして固形がんの内部で免疫治療薬ナノボディを産生させるというアイデアを表している。


Letter p. 1057
画像:Matthew Park
表紙デザイン:Erin Dewalt

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

抵抗感に負けずにワクチン接種を進めよう

Time to vaccinate against hesitancy p.1023

doi: 10.1038/s41591-019-0524-1

News Feature

蚊が媒介する感染症研究にかかる法外なコストを凍結保存技術で削減する

On a wing and a prayer p.1024

doi: 10.1038/s41591-019-0484-5

News & Views

免疫療法:プログラム可能な細菌をがん治療に使う

Programmable bacteria as cancer therapy p.1030

doi: 10.1038/s41591-019-0513-4

マイクロバイオーム:細菌でメタボリックシンドロームを軽減する

Bacteria to alleviate metabolic syndrome p.1031

doi: 10.1038/s41591-019-0516-1

抗生物質耐性:最も効果のある抗生物質の選択を支援する機械学習

Machine-learning-assisted selection of antibiotic prescription p.1033

doi: 10.1038/s41591-019-0517-0

肥満:都会と田舎での体重増加パターンの世界的に見られる移行

Global shifts in the patterns of urban and rural weight increase p.1035

doi: 10.1038/s41591-019-0518-z

Perspectives

幹細胞治療:幹細胞を用いる治療介入の倫理的進展

Ethical development of stem-cell-based interventions p.1037

doi: 10.1038/s41591-019-0511-6

パーキンソン病:パーキンソン病治療のための幹細胞を用いたドーパミン細胞置換試験の設計

Designing stem-cell-based dopamine cell replacement trials for Parkinson’s disease p.1045

doi: 10.1038/s41591-019-0507-2

Brief Communication

がん治療:深層学習は消化器がんの組織像からマイクロサテライト不安定性を直接予測できる

Deep learning can predict microsatellite instability directly from histology in gastrointestinal cancer p.1054

doi: 10.1038/s41591-019-0462-y

Letters

がん治療: プログラム可能な細菌は長期間続く腫瘍退縮と全身性の抗腫瘍免疫を誘導する

Programmable bacteria induce durable tumor regression and systemic antitumor immunity p.1057

doi: 10.1038/s41591-019-0498-z

白血病治療:WT1を標的としたT細胞受容体遺伝子治療は急性骨髄性白血病の移植後再発を防ぐ

T cell receptor gene therapy targeting WT1 prevents acute myeloid leukemia relapse post-transplant p.1064

doi: 10.1038/s41591-019-0472-9

がん:G9a/DNMTネットワークの阻害は免疫を介した膀胱がんの退縮を誘導する

Inhibition of a G9a/DNMT network triggers immune-mediated bladder cancer regression p.1073

doi: 10.1038/s41591-019-0499-y

腸チフス:ヒト感染モデルでの急性腸チフスに腸チフス毒素が果たす役割の研究

Investigation of the role of typhoid toxin in acute typhoid fever in a human challenge model p.1082

doi: 10.1038/s41591-019-0505-4

喘息/微生物相:非農家で見られる農家類似の屋内微生物相は小児の喘息発症を防御する

Farm-like indoor microbiota in non-farm homes protects children from asthma development p.1089

doi: 10.1038/s41591-019-0469-4

肥満/腸内細菌相:体重過多と肥満のヒトボランティアでのAkkermansia muciniphilaのサプリメントとしての投与:概念実証のための探索的研究

Supplementation with Akkermansia muciniphila in overweight and obese human volunteers: a proof-of-concept exploratory study p.1096

doi: 10.1038/s41591-019-0495-2

微生物相:一流運動選手のメタオミクス解析で見つかった乳酸代謝を介して作用し成績を向上させる微生物

Meta-omics analysis of elite athletes identifies a performance-enhancing microbe that functions via lactate metabolism p.1104

doi: 10.1038/s41591-019-0485-4

免疫:母体由来のIgAは早産児の壊死性腸炎発症を防止する

Maternal IgA protects against the development of necrotizing enterocolitis in preterm infants p.1110

doi: 10.1038/s41591-019-0480-9

リンパ管疾患:ARAFの反復変異はMEK阻害剤で治療可能なリンパ管腫症を引き起こす

ARAF recurrent mutation causes central conducting lymphatic anomaly treatable with a MEK inhibitor p.1116

doi: 10.1038/s41591-019-0479-2

難聴:優性進行性難聴モデルでの対立遺伝子特異的遺伝子編集によって難聴を防止する

Allele-specific gene editing prevents deafness in a model of dominant progressive hearing loss p.1123

doi: 10.1038/s41591-019-0500-9

Articles

ハンチントン病:ハンチントン病治療のための変異型HTT対立遺伝子特異的転写抑制

Allele-selective transcriptional repression of mutant HTT for the treatment of Huntington’s disease p.1131

doi: 10.1038/s41591-019-0478-3

抗生物質耐性:個人の病歴は尿路感染の抗生物質耐性を予測する

Personal clinical history predicts antibiotic resistance of urinary tract infections p.1143

doi: 10.1038/s41591-019-0503-6

喘息:ヒト肺の細胞センサスによって明らかになった、健常時と喘息時の新規な細胞状態

A cellular census of human lungs identifies novel cell states in health and in asthma p.1153

doi: 10.1038/s41591-019-0468-5

免疫:細菌相治療は制御性T細胞のMyD88/RORγt経路を介して作用して食物アレルギーを抑制する

Microbiota therapy acts via a regulatory T cell MyD88/RORγt pathway to suppress food allergy p.1164

doi: 10.1038/s41591-019-0461-z

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度