Nature ハイライト

有機化学:一方のキラリティーのみを得る新しい方法

Nature 564, 7735

キラリティーは、小分子からDNAの右巻きらせんまで、生命体の重要な特徴である。ラセミ混合物から単一のエナンチオマーを得ることは合成における基本的目標であるが、エナンチオマーの縮退性のために、どちらか一方のエナンチオマーに有利な平衡はあり得ない。今回T Bachたちは、同一化合物のラセミ混合物からの単一エナンチオマーの形成を可能にする光化学的脱ラセミ化を報告している。光を照射すると、キラル増感剤からアレン基質へとエネルギー移動が起こる。この過程は、2つのエナンチオマー間で異なるので、ラセミ体の片方のエナンチオマーだけが選択的に変換され、単一のエナンチオマーが得られる。

2018年12月13日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度