Nature ハイライト

ウイルス学:レトロウイルスDNAをサイレンシングする

Nature 564, 7735

レトロウイルスが細胞に感染すると、レトロウイルスのRNAゲノムは感染細胞の細胞質で逆転写されて、直鎖状の二本鎖DNAを形成し、核に送達されて宿主ゲノムに組込まれる。しかし直鎖状DNAの一部は環状化され、これらは宿主ゲノムに組込まれず、速やかにサイレンシングされる。S Goffたちは今回、この組込まれなかったDNAが抑制される機構を明らかにしている。彼らは、DNA結合タンパク質のNP220が、サイレンシング装置を染色体外レトロウイルスDNAへ誘導するために重要であることを示している。

2018年12月13日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度