Nature ハイライト

生化学: viperinは新しい塩基を作り出す

Nature 558, 7711

RNAウイルスやDNAウイルスの感染は、宿主の抗ウイルスタンパク質であるviperinのインターフェロン誘導性の発現につながることがある。viperinは宿主やウイルスのタンパク質に結合してウイルスの複製を阻害すると考えられていたが、今回S Almoたちは、viperinがSAM依存性のラジカル機構を介してCTPのddhCTPへの変換を触媒して、複製を阻害することを明らかにしている。この独特なヌクレオチドであるddhCTPは、RNA依存性RNAポリメラーゼによる複製鎖の伸長を終結させる内因性物質として機能し、ddhCTPが存在するとin vivoでのジカウイルスの複製を抑制できることが示された。

Letter p.610
doi: 10.1038/s41586-018-0238-4 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年6月28日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度