Nature ハイライト

医学研究: 膵臓がんにおける組織消耗を理解する

Nature 558, 7711

多くのがん患者が、脂肪組織と骨格筋組織の消耗である悪液質を患う。L Danaiたちは今回、膵臓がんのマウスモデルで、悪液質の根底にある機構が、膵臓の外分泌機能の変化であることを明らかにしている。これと一致して、膵臓酵素の補充で組織の消耗が改善することが分かった。しかし意外にも、膵臓腫瘍を有するマウスでは、この治療によって生存期間が短縮された。肝臓がん患者のデータからは、初期の組織消耗が生存期間の短縮とは関連しない可能性が示された。

Letter p.600
doi: 10.1038/s41586-018-0235-7 | 日本語要約 | Full Text | PDF
News & Views p.526
doi: 10.1038/d41586-018-05424-2 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年6月28日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度