Nature ハイライト

分子生物学: サイレンシングには協働が不可欠

Nature 558, 7711

ヒストンの修飾状態は正のフィードバックによって維持され得るが、このフィードバックは他の入力の存在なしには弱過ぎてエピジェネティックな遺伝を仲介できないことが示されている。今回D Moazedたちは、分裂酵母(Schizosaccharomyces pombe)において、ヒストンH3K9メチル化が、単独では遺伝子のサイレンシングを維持できないが、短鎖干渉RNA(siRNA)と相乗的に機能することで、有糸細胞分裂や減数細胞分裂が多数回起こっても遺伝子のサイレンシングを持続させることを示している。このsiRNA依存的なエピジェネティックな遺伝機構はDNA塩基配列とは独立に機能できる。この新たに登場したモデルでは、安定した遺伝を確実なものにするには、ヒストン修飾は、siRNAあるいは部位特異的DNA結合タンパク質のような特異性因子と共役しなければならない。

Letter p.615
doi: 10.1038/s41586-018-0239-3 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年6月28日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度