目次

Editorials

多能性細胞から精子や卵子を作れるようになる日も近いが、科学や臨床にもたらす恩恵を念頭に置いて、倫理的、技術的課題を検討する必要がある。

p.913

doi: 10.1038/452913a

ヒトプロテオーム研究は非常に重要であり、ヒトプロテオーム機構(HUPO)はそれが理解されるよう主張していくべきだ。

p.913

doi: 10.1038/452913b

今回、日本の研究者が鉄を含む新しい高温超伝導物質を発見したことにより、超伝導研究の新たな時代の幕が開いた。

Superconductors redux p.914

doi: 10.1038/452914a

News

暗黒物質粒子を捉えたとイタリアの研究グループが発表したが、8年前と同様に疑問の声が。

p.918

doi: 10.1038/452918b

物理学分野で女性が成果を上げられないのは性差別が原因と、女性研究者がデータを示して主張。

p.918

doi: 10.1038/452918a

スイスで、「植物の尊厳」への配慮を求める法律が研究の足かせに。

p.919

doi: 10.1038/452919a

プロテオーム研究者たちから、ヒト体内の全タンパク質の位置と相互作用を調べる大規模な計画の提案が。

p.920

doi: 10.1038/452920a

サッカーボール型の炭素分子C60フラーレンの利用で、フラッシュメモリの効率が上がる可能性が。

Buckyballs give flash a boost p.921

doi: 10.1038/452921a

日本の研究者が、転移温度50 Kという、ヒ素を含む新しい鉄系高温超伝導物質を発見。

p.922

doi: 10.1038/452922a

WHOが、国名、地名を使わない新しいインフルエンザウイルス命名法を推奨。

p.923

doi: 10.1038/452923a

Q&A 偽造薬退治に功績を挙げたナイジェリアの食品医薬品管理局(NAFDAC)のDora Akunyili局長に訊く。

p.924

doi: 10.1038/452924a

News Features

生物医科学:バイオバンクを賭けて

p.926

膨大なデータを蓄積して遺伝子と疾患の関係を調べる、とてつもなく壮大な研究がオーストラリアで計画されている。

doi: 10.1038/452926a

大気物理学:天国をヒートアップ

p.930

殺人光線やマインドコントロールが目的との噂に悩まされてきたアラスカの電離圏研究施設に、科学研究の面で関心が寄せられている。

doi: 10.1038/452930a

News & Views

代謝:食物が出す警報

p.941

胃腸は、食事をとっているときに、飽食感を起こさせたり、インスリン分泌を増強したりすることで栄養過剰になるのを防止している。新たな知見により、胃腸内にある栄養素もまた、インスリン感受性を上昇させる神経回路を活性化していることがわかった。

doi: 10.1038/452941a

光学:止められた光

p.942

真空中では光は常に同じ速度で伝わり、速度が変わることはない。しかし物質中では、速度を操作でき、材料をうまく選んで適切な方法を用いれば、興味をそそるような光電子特性が得られる。

doi: 10.1038/452942a

神経科学:匂い受容体最新事情

p.944

昆虫は、触角にある特殊な受容体を使う巧妙な嗅覚系をもっている。これらの受容体は匂い物質分子を検知するだけでなく、意外なことに、イオンチャネルとしても働いているらしいことがわかった。

doi: 10.1038/452944a

宇宙物理学:ジェットの排気を点検

p.945

我々の太陽系より大きいジェットエンジンの排気をのぞき込んだら、何が見えるだろうか。最大の電波望遠鏡を使える天文学者たちだけが、その全貌を見ることができるのだが、明確な観測結果がだんだん得られるようになってきた。

doi: 10.1038/452945b

海洋学:北極海の底

p.945

北極海はこのほど深くなったようだ。これは、たくさんの新しいデータを取りまとめた上に、以前の潜水艦による記録を換算する際の系統誤差を訂正して改訂された測深記録によるものである。

doi: 10.1038/452945a

遺伝子転写:併合された2つの世界

p.946

それぞれ別の染色体上にあったり、核内の別の場所にあったりする2つの遺伝子が、遺伝子発現を伝えるシグナルに一体となって応じるのはなぜなのだろうか。こうした遺伝子は、転写ハブの形成の種子である可能性がある。

doi: 10.1038/452946a

植物科学:ばらの香り

p.947

コウシンバラの仲間は特徴的な「お茶の香り」をもつが、それは主にジメトキシトルエンという一種類の化合物によるものだ。この化合物を産生する巧妙な酵素反応過程の創出には、遺伝子重複が働いたらしい。

doi: 10.1038/452947a

Articles

遺伝:甲虫目のモデルとしての害虫コクヌストモドキのゲノム解読

The genome of the model beetle and pest Tribolium castaneum p.949

doi: 10.1038/nature06784

神経:嗅覚回路内のゲイン調節を行うシナプス前性側方抑制

Lateral presynaptic inhibition mediates gain control in an olfactory circuit p.956

doi: 10.1038/nature06864

細胞:二本鎖DNAに結合したDNA/RNA修復酵素AlkBとABH2の結晶構造

Crystal structures of DNA/RNA repair enzymes AlkB and ABH2 bound to dsDNA p.961

doi: 10.1038/nature06889

Letters

宇宙:電波領域からγ線領域のアウトバーストによって明らかになった活動銀河核の内側のジェット

The inner jet of an active galactic nucleus as revealed by a radio-to-γ-ray outburst p.966

doi: 10.1038/nature06895

物理:量子スピンホール相にあるトポロジカルディラック絶縁体

A topological Dirac insulator in a quantum spin Hall phase p.970

doi: 10.1038/nature06843

物性:銅酸化物超伝導体の光電子放出にみられるキンクへのフォノンの小さな寄与

Small phonon contribution to the photoemission kink in the copper oxide superconductors p.975

doi: 10.1038/nature06874

海洋:始新世/漸新世境界における海洋の脱酸性化と海水準低下による南極の氷河作用との結びつき

Eocene/Oligocene ocean de-acidification linked to Antarctic glaciation by sea-level fall p.979

doi: 10.1038/nature06853

地球:高圧下の水和ケイ酸塩メルト

Hydrous silicate melt at high pressure p.983

doi: 10.1038/nature06918

環境:キクイムシと気候変動への森林炭素のフィードバック

Mountain pine beetle and forest carbon feedback to climate change p.987

doi: 10.1038/nature06777

遺伝:熱帯性果樹パパイア(Carica papaya Linnaeus)トランスジェニック体のゲノム概要配列

The draft genome of the transgenic tropical fruit tree paya (Carica papaya Linnaeus) p.991

doi: 10.1038/nature06856

遺伝:ヒトNPYの発現の遺伝的差異がストレス応答と情動に影響を与える

Genetic variation in human NPY expression affects stress response and emotion p.997

doi: 10.1038/nature06858

生理:昆虫の嗅覚受容体はヘテロマーからなるリガンド作動性イオンチャネルである

Insect olfactory receptors are heteromeric ligand-gated ion channels p.1002

doi: 10.1038/nature06850

神経:ショウジョウバエの匂い物質受容体はリガンド作動型であり、かつ環状ヌクレオチド活性化型でもある陽イオンチャネルである

Drosophila odorant receptors are both ligand-gated and cyclic-nucleotide-activated cation channels p.1007

doi: 10.1038/nature06861

生理:小腸上部の脂質は腸-脳-肝軸を刺激してグルコース産生を調節する

Upper intestinal lipids trigger a gut-brain-liver axis to regulate glucose production p.1012

doi: 10.1038/nature06852

細胞:脱アデニル化による負のフィードバック機構が減数分裂の中期停止を制御する

A deadenylation negative feedback mechanism governs meiotic metaphase arrest p.1017

doi: 10.1038/nature06809

細胞:λリプレッサーの結晶構造と対協同的オペレーター結合のモデル

Crystal structure of the λ repressor and a model for pairwise cooperative operator binding p.1022

doi: 10.1038/nature06831

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度