Research Abstract

マウスとショウジョウバエ(Drosophila)の生殖系列の発生におけるOvoの保存された役割

Conserved role of Ovo in germline development in mouse and Drosophila

2017年1月6日 Scientific Reports 7 : 40056 doi: 10.1038/srep40056 (2017)
マウスとショウジョウバエ(<i>Drosophila</i>)の生殖系列の発生におけるOvoの保存された役割
拡大する

ovoは、Znフィンガードメインを持つ転写因子をコードしており、動物において進化的に保存されている。ショウジョウバエ( Drosophila)において、ovoは卵産生のためのzygotic(接合体的)な機能に加えて、maternal(母性的)な活性が始原生殖細胞(PGC)での、vasananosなどの生殖細胞系列遺伝子の発現に必要である。本研究では、maternal Ovo タンパク質が胚発生過程でPGCの核に蓄積することを示した。これらの細胞では、Ovoは2つの機能を担っており、PGCで発現する遺伝子の活性化と、逆に体細胞性遺伝子の抑制を行っている。PGCでOvoの活性が低下すると、PGCは生殖細胞にまで正常に発生できなくなる。一方、マウスでは、PGCで発現するovoオルソログOvol2をノックアウトすると、初期胚発生過程でPGC数が減少した。これらのデータは、ovoが動物の生殖細胞系列の発生を調節する進化的に保存された機構の一部として機能することを強く示唆している。

Makoto Hayashi, Yuko Shinozuka, Shuji Shigenobu, Masanao Sato, Michihiko Sugimoto, Seiji Ito, Kuniya Abe and Satoru Kobayashi

Corresponding Author

小林 悟
筑波大学 生命領域学際研究センター

Ovo, which encodes a transcription factor with Zn-finger domains, is evolutionarily conserved among animals. In Drosophila, in addition to its zygotic function for egg production, maternal ovo activity is required in primordial germ cells (PGCs) for expression of germline genes such as vasa and nanos. In this study, we found that maternal Ovo accumulates in PGC nuclei during embryogenesis. In these cells, ovo serves a dual function: activation of genes expressed predominantly in PGCs, and conversely suppression of somatic genes. Reduction of ovo activity in PGCs makes them unable to develop normally into germ cells of both sexes. In mice, knockout of the ovoortholog, Ovol2, which is expressed in PGCs, decreases the number of PGCs during early embryogenesis. These data strongly suggest that ovo acts as part of an evolutionarily conserved mechanism that regulates germline development in animals.

プライバシーマーク制度