オープンアクセスについて

Scientific Reports は、オープンアクセスのジャーナルです。本誌で論文を出版する著者は、Article Processing Charge(APC)を支払う必要があります。

APC:¥180,000(消費税別)

Scientific Reports での論文出版の主な特長:

  • 速い — 迅速な審査と出版
  • 厳しい — 1人以上の学者による査読(ピアレビュー)
  • オープン — 論文はすべての読者に無料で公開され、著者が著作権を保有
  • 目立つ — ブラウジング・検索機能の充実により、論文の認知度が向上
  • 相互リンク — nature.comに掲載されている関連論文との相互リンクを設定
  • グローバル — nature.comで管理され、全世界のメディアで報道されるチャンス

ネイチャーパブリッシング・グループが発行するオープンアクセスジャーナルは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに準拠して出版されています。

Scientific Reports で出版される論文のライセンスは、クリエイティブ・コモンズ(CC)ライセンスのCC BY 4.0を標準とし、他のCCライセンス(CC BY-NC-NDおよびCC BY-NC-SA)についても必要に応じて利用可能です。

標準ライセンス:

編集部へのリクエストにより選択可能:

Attribution 4.0 International」と「Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International」ライセンスでは、二次的著作物が認められ、ウェルカムトラストのような資金提供団体の要請にも対応できるようになっています。

クリエイティブ・コモンズは、既存の著作権のルールの中で、著作物を共有・改変できるように助力する非営利団体です。その活動、ひいてはオープンアクセスのコミュニティーを支援するため、ネイチャー・パブリッシング・グループは、CCライセンスを用いて出版された研究論文の総数に応じて、クリエイティブ・コモンズに寄付金を贈呈します。

各ライセンスの詳細については、下記をご参照ください。

次の条件を満たせば、下記の行為が許可される。

Attribution(表示)— 著者、及び著作権保有者が、指定した方法で、著作権の帰属を表記すること。同時に、著者や著作権保有者が、ユーザやユーザの使用を支持しているかのような表現は避けること。

  • To Share: 複写、配布、配信する。
  • To Remix: 編集する。
  • To make commercial use of the work: 商業的に使用する。

次の条件を満たせば、下記の行為が許可される。

Attribution(表示)— 著者、及び著作権保有者が、指定した方法で、著作権の帰属を表記すること。同時に、著者や著作権保有者が、ユーザやユーザの使用を支持しているかのような表現は避けること。

Noncommercial(非営利)— この著作物の使用は非営利目的に限定する。

Share Alike(継承)— 改変した著作物について、この著作権と同様の条件を継承する場合に限り、配布することができる。

  • To Share: 複写、配布、配信する。
  • To Remix: 編集する。

次の条件を満たせば、下記の行為が許可される。

Attribution(表示)— 著者、及び著作権保有者が、指定した方法で、著作権の帰属を表記すること。同時に、著者や著作権保有者が、ユーザやユーザの使用を支持しているかのような表現は避けること。

Noncommercial(非営利)— この著作物の使用は非営利目的に限定する。

No derivative work(改変の禁止)— 改変を禁止する。

  • To Share: 複写、配布、配信する。
プライバシーマーク制度