Research Abstract

技術:量子ドットを使った立体ディスプレーの設計、実現、および特性評価

Design, Implementation and Characterization of a Quantum-Dot-Based Volumetric Display

2015年2月16日 Scientific Reports 5 : 8472 doi: 10.1038/srep08472 (2015)

本研究では、透明ポリマー中に埋め込んだ量子ドット(QD)を使った立体ディスプレーシステムを提案し、実験により実証する。従来型の立体ディスプレーとは異なり、我々のシステムは電気配線が必要でない。従って、外部光の照射によって、QDが形成する発光ボクセルへエネルギーが供給されるため、これまで避けられなかったオクルージョンの問題が解決する。QDの本質的な属性を利用して、このシステムは立体ディスプレーに超高解像度と広範囲の色を提供する。本論文では、提案した立体ディスプレーの最初の試作機の設計、実現、および特性評価を論じる。2種類のQDから構成した8×8×8ディスプレーを開発した。このディスプレーは、様々な角度から見たとき、多色な3種類の2次元パターンを表示する。このQDを使った立体ディスプレーは、画像を表現する新しい道を開き、中でもレジャー産業や広告業に応用できるであろう。

Ryuji Hirayama, Makoto Naruse, Hirotaka Nakayama, Naoya Tate, Atsushi Shiraki, Takashi Kakue, Tomoyoshi Shimobaba, Motoichi Ohtsu & Tomoyoshi Ito

Corresponding Author

平山 竜士
千葉大学大学院 工学研究科

In this study, we propose and experimentally demonstrate a volumetric display system based on quantum dots (QDs) embedded in a polymer substrate. Unlike conventional volumetric displays, our system does not require electrical wiring; thus, the heretofore unavoidable issue of occlusion is resolved because irradiation by external light supplies the energy to the light-emitting voxels formed by the QDs. By exploiting the intrinsic attributes of the QDs, the system offers ultrahigh definition and a wide range of colours for volumetric displays. In this paper, we discuss the design, implementation and characterization of the proposed volumetric display's first prototype. We developed an 8 × 8 × 8 display comprising two types of QDs. This display provides multicolour three-type two-dimensional patterns when viewed from different angles. The QD-based volumetric display provides a new way to represent images and could be applied in leisure and advertising industries, among others.

プライバシーマーク制度