Research Abstract

ポリ(ビニルホスホン酸)ドープ・ポリベンズイミダゾールを用いた超高耐久高温高分子電解質燃料電池  OPEN ブックマーク

Remarkably Durable High Temperature Polymer Electrolyte Fuel Cell Based on Poly(vinylphosphonic acid)-doped Polybenzimidazole

2013年5月3日 Scientific Reports 3 : 1764 doi: 10.1038/srep01764 (2013)

高分子電解質燃料電池(PEFC)の耐久性の低さは、解決すべき大きな難点である。最近の研究では、高分子電解質膜と触媒層の両方から液体であるリン酸(PA)が漏出するためPA分布が不均一になり、結果として長期動作中にPEFC性能が損なわれることが明らかになっている。今回我々は、酸が漏出しない新しいPEFCを創成した。このPEFCは、120°C、無加湿条件下で、高い電力密度と著しく高い耐久性(単セルテストで40万サイクルを超える)を示す。この成果は、カーボンナノチューブを被覆するポリ(ビニルホスホン酸)ドープ・ポリベンズイミダゾール表面にPtが担持された電極触媒とポリ(ビニルホスホン酸)ドープ・ポリベンズイミダゾール電解質膜を備えた膜/電極接合体(MEA)を用いて実現された。創成の高性能PEFCは、「次世代PEFC」として、実用化への道を新たに開くものである。

Mohamed R. Berber1,4, 藤ヶ谷 剛彦1,3, 佐々木 一成2,3 & 中嶋 直敏1,3,5

  1. 九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 九州大学大学院 工学研究院 応用化学部門
  2. 九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 九州大学 工学研究院 機械工学部門
  3. 九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所
  4. タンタ大学(エジプト)
  5. JST-CREST

Low durability of polymer electrolyte fuel cell (PEFC) is a major drawback that should be solved. Recent studies have revealed that leaching of liquid phosphoric acid (PA) from both polymer electrolyte membrane and catalyst layers causes inhomogeneous PA distribution that results in deterioration of PEFC performance during long-term operation. Here we describe the finding that a novel PEFC free from acid leaching shows remarkable high durability (single cell test: >400,000 cycling) together with a high power density at 120°C under a non-humidified condition. This is achieved by using a membrane electrode assembly (MEA) with Pt on poly(vinylphosphonic acid)-doped polybenzimidazole wrapped on carbon nanotube and poly(vinylphosphonic acid)-doped polybenzimidazole for the electrocatalst and electrolyte membrane, respectively. Such a high performance PEFC opens the door for the next-generation PEFC for “real world” use.

プライバシーマーク制度