Research Abstract

肥満による小胞体ストレスが脂肪組織での慢性炎症を引き起こす

Obesity-induced endoplasmic reticulum stress causes chronic inflammation in adipose tissue

2012年11月12日 Scientific Reports 2 : 799 doi: 10.1038/srep00799 (2012)

脂肪組織は、正常条件下で代謝の恒常性維持に中心的な役割を担っている。肥満や2型糖尿病のような代謝疾患は、しばしば慢性炎症や脂肪組織の機能障害を併発する。本研究では、16週間にわたり高脂肪食を摂食したマウスの脂肪組織で起こる、小胞体(ER)ストレスと炎症応答を観察した。飼育16週間後では、ERストレスの指標が増加しており、脂肪組織には慢性炎症が見られた。我々は3T3-L1脂肪細胞において、ERストレスは遊離脂肪酸(FFA)を介した活性酸素種(ROS)産生によって誘導され、炎症性サイトカインの遺伝子発現を上方制御することを見いだした。ERストレスを軽減する化学シャペロンの肥満マウスへの経口投与は、脂肪組織での慢性炎症を改善し、その後に体重増加が抑えられ、インスリンシグナルが改善した。これらの結果は、肥満による脂肪組織の機能不全において、ERストレスが病態生理学的に重要な役割を担っていることを示している。

川崎 範隆1, 浅田 梨絵1, 齋藤 敦1, 金本 聡自1 & 今泉 和則1

  1. 広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 分子細胞情報学

Adipose tissue plays a central role in maintaining metabolic homeostasis under normal conditions. Metabolic diseases such as obesity and type 2 diabetes are often accompanied by chronic inflammation and adipose tissue dysfunction. In this study, we observed that endoplasmic reticulum (ER) stress and the inflammatory response occurred in adipose tissue of mice fed a high-fat diet for a period of 16 weeks. After 16 weeks of feeding, ER stress markers increased and chronic inflammation occurred in adipose tissue. We found that ER stress is induced by free fatty acid (FFA)-mediated reactive oxygen species (ROS) generation and up-regulated gene expression of inflammatory cytokines in 3T3-L1 adipocytes. Oral administration to obese mice of chemical chaperons, which alleviate ER stress, improved chronic inflammation in adipose tissue, followed by the suppression of increased body weight and improved insulin signaling. These results indicate that ER stress plays important pathophysiological roles in obesity-induced adipose tissue dysfunction.

プライバシーマーク制度