Research press release

異なる植物が共に働く

Nature Plants

Different plants, working together

植物の種の豊かさは牧草の収量を高めるが、その収量の安定性は個々の種の遺伝的多様性が高める、という論文が、今週掲載される。

農業システムには、収量を最適化するために植物の多様性を最小化して投入量を最大化するものが多い。しかし、予想外の環境変化に遭遇すると、多様性の低さは生産性の喪失につながる場合がある。

Ivan Prietoたちは、異なる遺伝的多様性のレベルを特徴とする5種の牧草を混合または単独で栽培し、飼料の生産量をモニタリングした。その結果、複数種からなる区画は単作と比較して生産性が高く、特に干ばつの際にそれが顕著であることが明らかになった。しかし、収穫量の安定性が高かったのは、牧草種あたりの遺伝子型の数が多い区画であった。

関連するNews & Viewsのなかで、Forest Isbellは、「気候変動および極端な事象の影響が増加するに伴い、農業システムの多様化が農業の生産性を向上させるための戦略として一層有益なものになる可能性は十分にある」と述べている。

Plant species richness promotes grassland fodder yields, whereas the genetic diversity of individual species promotes the stability of those yields, reports a paper published this week in Nature Plants.

In many agricultural systems, plant diversity is minimized and inputs are maximized in order to optimize yields. However, limiting diversity can lead to a loss of productivity in the face of unexpected environmental change.

Ivan Prieto and colleagues grew five agricultural grassland species, characterized by different levels of genetic diversity, together or in isolation, and monitored fodder production. The authors found that multi-species plots were more productive than monocultures, particularly when subject to a period of drought. Harvests were more consistent, however, in plots with a greater number of genotypes per grassland species.

In an accompanying News & Views, Forest Isbell writes, “the diversification of agricultural systems could well become an increasingly profitable strategy for enhancing agricultural productivity as the climate changes and extreme events become increasingly common.”

doi: 10.1038/nplants.2015.33

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度