Research press release

熱帯低気圧が従う法則

Nature Physics

Tropical cyclones obey the law

Nature Physics(電子版)で、熱帯低気圧を支配する経験則が見つかったと報告されている。熱帯低気圧への気候変動の影響については、非常に議論が多い。というのは、熱帯低気圧が十分に解明されていないからで、今回の成果はこの議論に影響を与える。

衛星画像が得られるようになる前は、熱帯低気圧の歴史的記録は不完全だった。A Corralたちは、臨界現象の物理で開発された方法を利用して、個々の熱帯低気圧が放出する全エネルギーに着目することでこの問題を解決した。小さな熱帯低気圧は大きな熱帯低気圧よりもずっと数が多いが、その相対的な割合は4つの異なる海盆で数十年間にわたって変わらないことがわかった。さらに、熱帯低気圧の最大エネルギーが海盆の大きさで決まることもわかった。

海面水温の上昇に影響されているのは、大きな熱帯低気圧の割合である。しかし、1995年から2005年の間に北大西洋でハリケーン活動が増大しているにもかかわらず、1970年以前の活動期と比べると、個々のハリケーンはより多くのエネルギーを放出していない。

The discovery of an empirical law that governs tropical cyclones is reported online in Nature Physics this week. The effect of climate change on tropical cyclones is highly controversial, because such storms are not fully understood; therefore this work has implications for the debate.

Prior to satellite imaging of storms, historical records were incomplete. Alvaro Corral and co-workers solve this problem by focusing on the total energy released by individual storms, for which the methods developed for the physics of critical behaviour are available. They find that although small storms greatly outnumber large storms, the relative proportion of small to large ones is the same across four different ocean basins over several decades in time. They also note that the maximum energy is set by the size of the basin.

What is affected by the rising sea surface temperature is the proportion of large cyclones. However, despite the increased hurricane activity in the North Atlantic during 1995-2005, individual hurricanes have not released more energy when compared to other active periods before 1970.

doi: 10.1038/nphys1725

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度