Research press release

腸内の細菌断片を中和すると自己免疫が改善する

Nature Microbiology

Neutralizing gut bacterial fragments improves autoimmunity

細菌細胞壁の特定の断片を中和する抗体が、マウスで数種類の自己免疫疾患の程度を軽減することを報告する論文が、今週掲載される。この中和治療が安全で、ヒトの自己免疫疾患患者にも有効かを判断するには、さらに研究を進める必要がある。

細菌は、強力な免疫系活性化因子である。以前に行われた研究では、ヒトの微生物相(ヒトの体内や体表に正常に生息している細菌)と自己免疫疾患の発症に関係があることが示唆されている。また、微生物相から細胞壁の断片が血液中に放出される可能性があることや、そうした細胞壁が動物の自己免疫疾患を悪化させる場合があることも明らかにされている。

今回Yue Wangたちは、ペプチドグリカンサブユニットと呼ばれる細胞壁断片が免疫系を活性化し、自己免疫性関節炎を悪化させることをマウスで明らかにした。次に、Wangたちはこの断片を特異的に中和する抗体を開発し、この抗体をマウスに投与するといくつかの自己免疫疾患の程度が軽減したり、発症が減ったりすることを示した。

この研究によって、自己免疫疾患に対する新しい治療の道が開ける可能性がある。望ましくない副作用の可能性がある免疫抑制剤を使う代わりに、細菌性の免疫シグナルを除去する抗体を投与するという方法である。

An antibody that neutralizes a specific type of bacterial cell wall fragment, lessening the severity of several autoimmune diseases in mice, is reported in a paper published online in Nature Microbiology this week. Further research is needed to determine whether this neutralization approach is safe and effective in human patients with autoimmune disease.

Bacteria are powerful activators of the immune system. Previous work suggests a link between human microbiota - the bacteria that normally live on and inside us - and the development of autoimmune disease. It has also been shown that microbiota can release pieces of their cell walls into circulating blood, and that cell walls can aggravate autoimmune disease in animals.

Yue Wang and colleagues show that a type of cell wall fragment known as a peptidoglycan subunit turns on the immune system and worsens autoimmune arthritis in mice. They then developed an antibody that specifically neutralizes this fragment, and demonstrated that administering the antibody in mice lessens the severity and onset of several autoimmune disorders.

The study offers a potentially new treatment avenue for autoimmunity: administering an antibody to remove a bacterial immune signal rather than using immunosuppression drugs, which can have undesirable side effects.

doi: 10.1038/s41564-019-0381-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度