News

人類の北米への到達は通説より10万年も早かった?

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170702

原文:Nature (2017-04-26) | doi: 10.1038/nature.2017.21886 | Controversial study claims humans reached Americas 100,000 years earlier than thought

Ewen Callaway

米国カリフォルニア州の遺跡から出土したマストドンの折れた骨と割れた石の調査から、新世界に最初に到達したヒト族はホモ・サピエンスではなかった可能性が出てきた。

米国カリフォルニア州で発見された「叩き石」は、古代人類が作った可能性があり、年代測定により約13万年前のものと特定された。 | 拡大する

Tom Deméré, San Diego Natural History Museum

古代人類が北米に定住した時期は通説より10万年以上も早く、今から約13万年前のことだったと提唱する大胆な論文が、このほどNatureに掲載され1、激しい議論が起きている。主張の根拠とされているのは、米国カリフォルニア州で発見されたマストドン(Mammut americanum;ゾウに似た絶滅哺乳類)の折れた骨と割れた石だ。研究チームは、これらを破壊したのは人類だと主張している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度