Nature ダイジェスト

News

細胞単位で参照できる体の地図作りが熱い!

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170513

原文:Nature (2017-02-23) | doi: 10.1038/nature.2017.21508 | The race to map the human body — one cell at a time

Heidi Ledford

最先端の画像化法と分子生物学を融合して、がんやヒト組織の単一細胞ごとの地図を作成する競争が加速している。

拡大する

STEVE GSCHMEISSNER/SCIENCE PHOTO LIBRARY/Science Photo Library/Getty

初めて腫瘍の間を通り抜けて飛んだとき、ケンブリッジ大学(英国)の分子生物学者Greg Hannonは、驚愕するとともに、ある考えがひらめいた。Hannonらは、バーチャルリアリティモデルを使用して、血管の中に入ったり外へと飛び出したり、浸潤する免疫細胞を調べたりしていた。そして、これまで前例のない「腫瘍アトラス」というアイデアを思いついたのだった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度