News

トリアンギュレンの合成に成功

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170509

原文:Nature (2017-02-16) | doi: 10.1038/nature.2017.21462 | Elusive triangulene created by moving atoms one at a time

Philip Ball

走査型プローブ顕微鏡の探針を使った原子操作によって、不安定な炭化水素「トリアンギュレン」が合成された。

IBM社のチューリッヒ研究所(スイス)に所属するLeo Grossらは、走査型プローブ顕微鏡の探針を用いて原子を操作することで、これまで合成困難だったトリアンギュレンという分子の合成に成功し、Nature Nanotechnologyに報告した1。トリアンギュレンは、グラフェン(炭素原子が六角形の網目状につながった原子1個分の厚さのシート)を三角形に切り取ったような平坦な分子である。不対電子を持つため非常に不安定で、無置換のトリアンギュレンは従来の化学合成法では合成できないが、不対電子は磁性の原因となるため、エレクトロニクスへの応用が期待されている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度