Nature ダイジェスト

News

がんワクチン予測を競うアルゴリズムコンテスト

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170314

原文:Nature (2016-12-15) | doi: 10.1038/540328a | Algorithms compete to predict recipe for cancer vaccine

Heidi Ledford

個別化がんワクチンとして有望な候補を絞り込むのに、予測アルゴリズムが役立つかもしれない。

拡大する

ALFRED PASIEKA/SPL/Getty

予測アルゴリズムは、有効ながんワクチンを作り出すカギになり得るのだろうか? その疑問に答えるため、米国の2つの非営利団体、パーカーがん免疫療法研究所(カリフォルニア州サンフランシスコ)とがん研究所(ニューヨーク市)は、患者の腫瘍DNAから最適な個別化がんワクチン候補を予測できる複数コンピュータープログラムを競わせることで、最も優れたアルゴリズムを見つけ出そうと考えた。このアルゴリズムコンテストは、2016年12月1日に告知された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度