News Scan

新種の化学結合

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150306b

1980年代に予言された「振動結合」の存在を確認

化学には多くの法則があり、「反応速度は温度上昇とともに高まる」というのもその1つだ。だから、1989年にカナダのバンクーバーにある加速器で実験していた化学者たちは奇妙な現象を観察して当惑した。臭素とミューオニウム(水素の原子核である陽子がミュー粒子に置き換わったもの)を反応させる実験で温度を上げると、反応が遅くなったのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度