アーカイブ検索

2017年8月号

News: 新疆でDNA情報収集を加速させる中国

新疆ウイグル自治区の公安庁がDNAシーケンサーを多数購入したことが分かった。中国政府の思惑をめぐり臆測が飛び交っている。

2016年10月号

News: 量子インターネットへの大きな一歩

量子暗号で保護された通信網を構築できる人工衛星が世界各国で計画される中、世界初となる量子科学実験衛星を中国が打ち上げた。

News: 初のCRISPR臨床試験は中国のチーム

中国の研究チームが、肺がん患者での遺伝子編集細胞試験の実施を承認された。

News Feature: 忘れられた大陸

中国で発見された化石人骨が、現生人類とその近縁種の進化をめぐる通説に挑戦状を叩きつける。

2016年6月号

News: 科学研究に一層力を入れる中国

中国で新たな5カ年計画が採択され、科学技術重視の姿勢がより鮮明になった。中国で2020年までに成長が見込まれる分野は、海洋学、脳科学、幹細胞研究だ。

News Feature: ナノスケールの虹が世界を変える

あらゆる色の蛍光を発するウイルスサイズの粒子が、テレビのディスプレイからがん治療まで、広範な応用分野に革命を起こそうとしている。

2016年1月号

News: ゲノム編集ブタ、ペット販売へ

中国BGIがゲノム編集で作出した研究用の「マイクロブタ」が、ペットとして発売されることになった。

2013年7月号

News: 過少報告されていた中国遠洋漁船団の漁獲量

中国の遠洋漁船による乱獲が、西アフリカの人々の生活と生態系を脅かしている。しかも中国が国際機関へ報告している漁獲量は、実際の10分の1以下という驚くべき研究が発表された。

2012年9月号

Editorial: 科学論文オープンアクセス化に伴うコスト

研究成果のオープンアクセス化という世界的な流れがある。しかし、誰がその費用を負担し、何が適正な費用で、誰に対して何を提供するのか、という点を明確にしなければならない。

2012年7月号

Editorial: 中国における幹細胞治療の危うさ

Natureの調査で、中国における未承認幹細胞治療の市場規模が明らかになった。誇大な宣伝や非現実的な文句が氾濫し、幹細胞治療の真の将来性が損なわれる懸念がある。

2012年1月号

News Feature: 影響が懸念されるメコン川のダム建設

メコン川の主流に複数のダムを建設する計画が進められており、流域の環境に大きな影響を及ぼすことが懸念されている。科学者たちは、環境影響評価が終わるまで、建設を延期するよう望んでいる。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度