Research press release

ニーマン・ピック病の背後にあるカルシウムチャネルの問題

Nature Communications

Channel problems in Niemann-Pick disease

患者の細胞に蓄積する脂質によって細胞内のカルシウムチャネルが阻害されることが、ニーマン・ピック病の背後にある機構だとする見解が発表された。この研究成果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。今回の研究は、脂質の蓄積と細胞の異常な働きとの分子的つながりを明らかにし、ニーマン・ピック病やそれに関連したリソソーム蓄積症の新たな治療法の開発に役立つ可能性がある。 リソソームは、さまざまな分子を分解するため、細胞のリサイクルセンターとして機能している。ニーマン・ピック病やそれに類似した50種以上の遺伝性疾患の場合には、細胞内のリソソームにスフィンゴミエリンのような分子が蓄積する。この蓄積が引き起こす結果の一つが、細胞内のカルシウムイオンのハンドリング異常だ。今回、H Xuたちは、ニーマン・ピック病患者の皮膚細胞で、リソソームのカルシウムチャネルであるTRPML1の活性が低下していることを見出した。このTRPML1阻害の原因は、リソソームに蓄積したスフィンゴミエリンだった。また、Xuたちは、培養細胞で、ニーマン・ピック病患者の遺伝的異常のために欠損した酵素を再活性化したところ、TRPML1の活性が上昇した。 今回の研究は、TRPML1の活性化がニーマン・ピック病やそれに関連したリソソーム蓄積症の新たな治療法となる可能性を示唆している。

The inhibition of cellular calcium channel activity by lipids that accumulate in cells of patients with Niemann-Pick disease could underlie the disease, reports a paper published in Nature Communications this week. The study, which provides a molecular link between lipid accumulation and abnormal function of cells, could assist in the development of new approaches to the treatment Niemann-Pick and related diseases known as lysosomal storage diseases. The lysosome serves as the cell’s recycling centre as it degrades a variety of molecules. Niemann-Pick disease and over 50 similar genetic diseases result in the accumulation of molecules, such as sphingomyelin, in cellular lysosomes. One consequence of this accumulation is problems with the handing of calcium ions within cells. Haoxing Xu and his colleagues found that the activity of the lysosomal calcium channel TRPML1 was reduced in skin cells of patients with Niemann-Pick disease. The inhibition was caused by sphingomyelins that had accumulated in lysosomes. The team discovered that reactivating the enzyme that was lost as a result of the genetic defect in these patients, increased the activity of TRPML1 in cultured cells. The work suggests that activation of TRPML1 may provide a novel therapeutic approach for Niemann-Pick disease and related lysosomal storage diseases.

doi: 10.1038/ncomms1735

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度