Research press release

【物理】有害な放射性物質を遠隔探知する方法

Nature Communications

Physics: Remote detection of hazardous radioactive substances

放射性物質を遠隔探知する新たな方法が実証されたことを報告する論文が、今週掲載される。遠隔探知ツールの利用は、放射性物質の安全な取り扱いに役立ち、原子力発電所の事故や核兵器の探知など原子力災害に対応する際に利用できる可能性がある。

ガイガーミュラー計数管やイオンチェンバー検出器などの従来の放射線探知器は、放射線源の遠隔探知の点で技術的限界があった。例えば、ガイガーミュラー計数管は、最大3.5 m離れたところにあるコバルト60が発する1ミリキュリー(mCi)の放射線を探知できるが、それより少量の放射線やそれより遠くにある放射線源の探知はできない。

今回、EunMi Choiたちの研究グループは、高出力パルス電磁波を用いて放射線源を高感度で探知する方法を実証した。この技術は、数年前に提案されたものだが、今回の研究で、その妥当性が実験的に確認された。この研究では約1.2 m離れた放射線源(0.64 mCiの放射線を発するコバルト60)を探知できることが実証されたが、さらなる最適化によって最大1 km離れた放射線源の探知も可能になるという考えをChoiたちは示している。

A method for the remote detection of radioactive material is demonstrated in Nature Communications this week. Remote detection tools could be used to aid the safe handling of radioactive substances and may have potential uses in dealing with nuclear hazards, including accidents at nuclear power plants and the detection of nuclear weapons.

Conventional radiation detectors, such as Geiger-Muller counters and ion chamber detectors, have technical limitations in the remote detection of sources. For example, Geiger-Muller counters can detect 1 milli Curie (mCi) of Cobalt-60 (60Co) at a maximum distance of 3.5 metres, but are inefficient at measuring lower levels of radioactivity or at longer distances.

EunMi Choi and colleagues demonstrate a method with higher sensitivity that uses high-power pulsed electromagnetic-waves to detect a radioactive source. This study provides experimental verification of the technique, which was proposed several years ago. The approach is shown to detect a radioactive source (0.64 mCi of 60Co) located around 1.2 metres away from the detection system, but with further optimisation it may have the potential to detect at distances of up to 1 kilometre, the authors propose.

doi: 10.1038/ncomms15394

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度