Research press release

医学研究:アカゲザルがカロリー制限したときの健康効果の解明

Nature Communications

Medical research: Clarifying the health-benefits of caloric restriction in monkeys

2つの長期にわたる霊長類研究の統合解析が行われ、アカゲザルにカロリー制限を行うと、健康が増進し、生存年数が長くなることが明らかになった。これらの研究で一見矛盾した結果が得られていたために、アカゲザルにおけるカロリー制限の効果については論争があったが、今回の統合解析でこの点がはっきりした。この解析結果について報告する論文が掲載される。

カロリー制限とは、栄養失調にならない程度に食物摂取量を減らすことだが、これによってモデル生物(酵母、線虫、ショウジョウバエ、マウスなど)の寿命が長くなることが明らかになっている。しかし、非ヒト霊長類やヒトにも効果があるかどうかは、あまり明確になっていない。アカゲザルを使った2つの研究が長期間実施され、一見矛盾した結果が公表された。一方で、カロリー制限によってアカゲザルの寿命が延びたという結論が示され、他方で、生存年数に対する影響はないが、アカゲザルの健康に役立つことが示唆されたのだった。

今回、この2つの研究を行った研究グループが一堂に会して、2つのデータを再解析し、カロリー制限がアカゲザルの健康と生存年数の両方に有益な効果をもたらすというコンセンサスを確立した。また、この研究グループは、それぞれの研究の結果の違いを研究計画の違い(例えば、カロリー制限を始めた時のアカゲザルの年齢、食餌の構成、給餌のやり方など)によって説明できる可能性を示している。今回の再解析では、適度のカロリー制限は有効だが、それ以上に食物摂取量を減らしてもアカゲザルにとってのメリットが増えないことも示唆されている。

今回の解析研究では、カロリー制限がアカゲザルの生物学的老化を遅らせるかどうかに関する決定的な証拠が得られず、アカゲザルの健康と生存年数に最大の効果をもたらす最低限のカロリー制限が何かということも断定されなかった。この研究グループは、カロリー制限の健康効果がアカゲザルでも維持されることを考慮すれば、ヒトの健康に対しても同様の有益な効果を生じる可能性があると考えている。

A combined analysis of two long-running primate studies shows that caloric restriction can improve health and survival in rhesus monkeys, a paper published in Nature Communications reports. The finding clarifies the effects of caloric restriction in monkeys, which were debated due to seemingly contradictory results obtained in the individual studies.

Caloric restriction - a reduction in food intake without malnutrition - has been shown to increase the lifespan of model organisms, such as yeast, worms, flies and mice, but whether it also works in nonhuman primates or humans is less clear. Two long-running studies involving rhesus monkeys have yielded seemingly contradictory results: one concluded that caloric restriction increased lifespan in monkeys, the other found no impact on survival but suggested benefits on monkey health.

In the current paper, the two groups compare and reanalyse their data, establishing a consensus that caloric restriction can have beneficial effects on both health and survival in monkeys. The authors also provide potential explanations for the varying outcomes of the individual studies based on differences in study design, such as the age of animals when caloric restriction was initiated, diet composition or feeding practices. The analysis also suggests that moderate caloric restriction is effective but further reduction of food intake does not increase the benefit in monkeys.

The study does not provide conclusive evidence as to whether caloric restriction slows down biological ageing of monkeys, and the minimum degree of caloric restriction that confers maximal benefit on health and survival in rhesus monkeys remains to be established. Given that the health benefits of caloric restriction are conserved in monkeys, the authors suggest that caloric restriction could have similar benefits on human health.

doi: 10.1038/ncomms14063

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度