Research press release

【遺伝】一本眉やその他の顔面と頭部の毛髪の形質と関連する座位

Nature Communications

Genetics: Genetic variations associated with monobrow and other hair traits

顔面と頭部の毛髪の分布と形状と色の違いに関係する座位が同定されたことを報告する論文が、今週掲載される。この研究結果は、ラテンアメリカ人を対象とした全ゲノム関連解析(GWAS)に基づいている。

ヒトの顔面と頭部の毛髪の外観と分布は、同じ集団内と異なる集団間で有意差が認められるが、こうした差異の遺伝的基盤については、これまで解明があまり進んでいない。

今回、Andres Ruiz-Linaresたちは、ヨーロッパ人とアメリカ先住民とアフリカ人の混血のラテンアメリカ人(6,000人以上)のGWASを行い、頭髪の特徴である形状と色(例えば白髪)、脱毛、そして顔面の毛髪の特徴である髭の濃さと眉毛の濃さ、眉毛叢生(両側の眉毛がくっついて生えている状態)の自然変動に影響を及ぼす10か所の座位を同定した。そのうちの一部は、2つ以上の毛髪の特徴(例えば、毛髪の形状と髭の濃さ)に影響を及ぼすことが明らかになったが、顔面の毛髪の特徴に影響する座位の大部分は重複していない。例えば、眉毛の形状と関連する座位は、他の毛髪の形質(例えば脱毛)に影響を及ぼさないと考えられている。今回の論文には、白髪化と眉毛叢生、それに眉毛と髭の濃さに関連する遺伝子に関する初めての記述もある。

今回の研究結果は、毛髪繊維の形状と成長範囲に影響を及ぼす機構に関する手掛かりになると考えられている。また、顔面の毛髪の多様性に関与する推定遺伝子と遺伝子産物を同定できれば、毛髪の成長を抑制または促進するための分子標的候補が明らかになる可能性もある。

Differences in the distribution, shape and colour of facial and scalp hair occur due to specific genetic variations identified in a paper published this week in Nature Communications. The results are based on a genome-wide association study (GWAS) of individuals from Latin America.

Human hair on the face and head varies significantly in appearance and distribution, both within and between populations, but the genetic basis of this variation has been poorly understood until now.

Andres Ruiz-Linares and colleagues perform a GWAS of over 6,000 Latin American individuals of mixed European, Native American and African ancestry. They identify ten genetic variations that influence natural variations in features of scalp hair - including shape, colour (such as graying) and balding - and of facial hair - including beard thickness, eyebrow thickness and synophrys (presence of a single eyebrow without a central gap). Although some genetic variations are shown to influence more than one hair feature (for instance, both hair shape and beard thickness), most of the variations for each of the facial hair traits did not overlap; for example, genetic variations associated with eyebrow shape may not necessarily affect other hair traits, such as balding. This study is the first to describe genes associated with hair graying, synophrys, and eyebrow and beard thickness.

These results may provide insight into the mechanisms influencing the shape and extent of growing hair fiber. In addition, identifications of potential genes and gene products involved in facial hair variation could provide potential molecular targets for mitigating or promoting hair growth.

doi: 10.1038/ncomms10815

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度