Research Abstract

CD206+ M2様マクロファージは前駆脂肪細胞の増殖を抑制することで全身のグルコース代謝を調節する

CD206+ M2-like macrophages regulate systemic glucose metabolism by inhibiting proliferation of adipocyte progenitors

2017年8月18日 Nature Communications 8 : 286 doi: 10.1038/s41467-017-00231-1 (2017)
CD206<sup>+</sup> M2様マクロファージは前駆脂肪細胞の増殖を抑制することで全身のグルコース代謝を調節する
拡大する

脂肪組織の常在性マクロファージは、組織恒常性の維持に重要な役割を担っていて、例えば、炎症性あるいは抗炎症性のサイトカインを分泌することによってインスリン感受性を調節する。本論文では、脂肪組織のM2様マクロファージが、CD206/TGFβシグナル伝達経路を介して前駆脂肪細胞の増殖を抑制することで、全身のグルコース恒常性を調節することを示す。脂肪組織のCD206+細胞は主にM2様マクロファージであり、CD206+ M2様マクロファージを除去すると小さな脂肪細胞の数が増加し全身のインスリン感受性が改善された。M2様マクロファージを除去可能ない遺伝的改変マウスを作製し、CD206+M2様マクロファージを除去したところ、脂肪組織でのTGFβシグナル伝達の減弱と共に、前駆脂肪細胞の増殖や分化が亢進した。我々の知見から、脂肪組織のCD206+ M2様マクロファージが前駆脂肪細胞の近傍に位置し、その増殖や分化を抑制する微小環境を作り出すことで、体脂肪量や全身のインスリン感受性を制御することが示された。

Allah Nawaz, Aminuddin Aminuddin, Tomonobu Kado, Akiko Takikawa, Seiji Yamamoto, Koichi Tsuneyama, Yoshiko Igarashi, Masashi Ikutani, Yasuhiro Nishida, Yoshinori Nagai, Kiyoshi Takatsu, Johji Imura, Masakiyo Sasahara, Yukiko Okazaki, Kohjiro Ueki, Tadashi Okamura, Kumpei Tokuyama, Akira Ando, Michihiro Matsumoto, Hisashi Mori, Takashi Nakagawa, Norihiko Kobayashi, Kumiko Saeki, Isao Usui, Shiho Fujisaka and Kazuyuki Tobe

Corresponding Authors

藤坂 志帆
富山大学 医学部 第一内科

戸邉 一之
富山大学 医学部 第一内科

Adipose tissue resident macrophages have important roles in the maintenance of tissue homeostasis and regulate insulin sensitivity for example by secreting pro-inflammatory or anti-inflammatory cytokines. Here, we show that M2-like macrophages in adipose tissue regulate systemic glucose homeostasis by inhibiting adipocyte progenitor proliferation via the CD206/TGFβ signaling pathway. We show that adipose tissue CD206+ cells are primarily M2-like macrophages, and ablation of CD206+ M2-like macrophages improves systemic insulin sensitivity, which was associated with an increased number of smaller adipocytes. Mice genetically engineered to have reduced numbers of CD206+ M2-like macrophages show a down-regulation of TGFβ signaling in adipose tissue, together with up-regulated proliferation and differentiation of adipocyte progenitors. Our findings indicate that CD206+ M2-like macrophages in adipose tissues create a microenvironment that inhibits growth and differentiation of adipocyte progenitors and, thereby, control adiposity and systemic insulin sensitivity.

プライバシーマーク制度