Nature Sustainability

Nature Sustainability では、水・大気・土壌の汚染、農業と食糧安全保障、水とエネルギーと土地のネクサス(連鎖関係)、水と土壌と廃棄物のネクサス、気候変動、土地利用変化、天然資源の減少、廃棄物、循環経済、生態系サービス、生物多様性の保全、自然資本、開発政策、環境政策、環境悪化、持続可能エネルギー、都市化、人口動態、貧困緩和、公衆衛生、持続可能な消費、持続可能な都市、持続可能なサプライチェーン、グリーンインフラストラクチャー、技術革新などの話題を紹介します。

Nature Sustainability では未発表の研究論文だけでなく、サステナビリティーに関連するあらゆる分野から寄せられたComment、Reviews、Perspectives、News & Views、Features、Correspondenceを掲載します。

https://www.springernature.com/jp/20180920/16019602?utm_campaign=NJPN_AWA_KI_Sustainabilityevent_JAPAN&utm_medium=web&utm_source=sfb&utm_content=NatSustain

2018年1月 待望の創刊!

創刊を記念しまして、Nature Sustainability 創刊号のコンテンツを2018年12月末まで無料公開いたします。ぜひご覧ください。

Nature Research sustainability collection

Human impacts on the environment will affect the well-being of future generations. A selection of articles from Nature Research explores the priorities for a sustainable future.

最新Research

持続可能な水産物市場の発展と将来

Evolution and future of the sustainable seafood market

掲載

持続可能な水産物調達に関する数十年にわたる取り組みでは、認証制度や消費者へのシグナリングにおける第三者のイニシアチブを強調する「変革の理論」が重視されてきた。この理論の進展と将来の可能性から、漁場の管理や複数の行為者の調整に関する問題が見えてくる。

気候変動下における農業による窒素損失への取り組み

Addressing agricultural nitrogen losses in a changing climate

掲載

気候変動と集約的農業管理法の相互作用は農業による窒素損失を増大させる。ここでは、農業による窒素損失の気候変動への応答の根底にある過程を分析し、将来の窒素損失の抑制に役立ついくつかの原則を提案するとともに、その実現に影響を及ぼす可能性のある経済的要因について述べる。

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Sustainability に関するオンライン投稿方法をご案内いたします。

メールマガジン登録

Nature Sustainability では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Sustainability に関する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度