Nature Sustainability

Nature Sustainability では、水・大気・土壌の汚染、農業と食糧安全保障、水とエネルギーと土地のネクサス(連鎖関係)、水と土壌と廃棄物のネクサス、気候変動、土地利用変化、天然資源の減少、廃棄物、循環経済、生態系サービス、生物多様性の保全、自然資本、開発政策、環境政策、環境悪化、持続可能エネルギー、都市化、人口動態、貧困緩和、公衆衛生、持続可能な消費、持続可能な都市、持続可能なサプライチェーン、グリーンインフラストラクチャー、技術革新などの話題を紹介します。

Nature Sustainability では未発表の研究論文だけでなく、サステナビリティーに関連するあらゆる分野から寄せられたComment、Reviews、Perspectives、News & Views、Features、Correspondenceを掲載します。

2018年1月 待望の創刊!

創刊を記念しまして、Nature Sustainability 創刊号のコンテンツを2018年12月末まで無料公開いたします。ぜひご覧ください。

Nature Research sustainability collection

Human impacts on the environment will affect the well-being of future generations. A selection of articles from Nature Research explores the priorities for a sustainable future.

最新Research

農業集約化が社会と生態系に及ぼす影響

Social-ecological outcomes of agricultural intensification

掲載

農業集約化が人間の幸福と生態系サービスに及ぼす影響に関する研究を包括的に検討したところ、以前の土地利用方法、集約化の種類、具体的にどのような項目を測定するかなどによって、まちまちな評価となることが示された。

ヨーロッパの歴史的飢饉のタイミングと原因

The timing and causes of famines in Europe

掲載

飢饉を引き起こす生態学的・社会的決定要因と、その深刻さとタイミングを特定するため、1300年から1850年までに英国、フランス、イタリアで起きた飢饉の分析が行われた。その結果、産業革命以前には人口密度と食料生産に関するマルサスの主張が正しく、飢饉は気象事象によって引き起こされていたことがわかった。飢饉が「人為的」な事象になったのは1710年以降であった。

Nature Sustainability注目のハイライト

その他のハイライト

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Sustainability に関するオンライン投稿方法をご案内いたします。

メールマガジン登録

Nature Sustainability では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Sustainability に関する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度