Research press release

痛みの民族間差に寄与する神経的要因および社会的要因

Nature Human Behaviour

Neural and social factors contributing to ethnic differences in pain

アフリカ系米国人は、ヒスパニック系の米国人や非ヒスパニック系の白人米国人と比べて、高いレベルの痛みを感じていると報告する論文が掲載される。これは、差別の歴史によってもたらされた、痛みに関連する脳回路上の変化に起因する可能性があるという。今回の研究は、アフリカ系米国人が他の集団よりも痛みのレベルが高いことに寄与する、痛みの評価、差別、対人関係と関連する脳領域のネットワークを特定している。

米国の奴隷制度時代から、アフリカ系米国人は白人の米国人よりも痛みをそれほど強く感じないと言われてきた。この考えは、アフリカ系米国人の疼痛治療の機会が不十分であったことと関連付けられており、これが広範かつ持続的な人種間・民族間の健康格差の一因となっている。現実には、アフリカ系米国人、場合によってはヒスパニック系の米国人は、臨床的状況および実験的状況の両方において、非ヒスパニック系の白人よりも痛みを大きく訴える傾向がある。しかしながら、そのような違いの根底にある神経生物学的機序はこれまで不明であった。

Elizabeth Losinの研究チームは、痛みの感受性に見られる人種集団間の違いを明らかにするため、被験者に痛みを伴う熱刺激を加える実験的な処置中にfMRIスキャンを実施し、併せて19項目の社会文化的要因を解析した(被験者は系88人で、内訳はアフリカ系米国人28人、ヒスパニック系米国人30人、非ヒスパニック系米国人30人)。その結果、体の痛みの強さを追跡可能な脳内指標である「神経学的疼痛シグネチャー」は3つの集団でほとんど変わらないことが判明した。しかし、アフリカ系米国人の参加者は、差別が介在した場合に、他の集団より強い痛みを訴えた。さらに、アフリカ系米国人の被験者の脳の前頭葉-線条体回路では体の痛みを伴う刺激に対する高い反応が見られたのに対し、他の集団では反応の高さは認められないことも明らかとなった。そしてこの回路の活動は、人種差別および実験者への信頼と関連していた。過去の研究では、同回路の活動は、痛みの非身体的な側面と関連付られていた。

これらの知見は、アフリカ系米国人の感じる痛みのレベルが高いのは、一部には非身体的な痛みに関連する脳システムの違いにあるかもしれないことを示唆している。これは、長期にわたって社会的に不当な扱いを受け続けてきた影響である可能性がある。研究チームは、差別を減らして医療従事者への信頼を高めることを目的とした介入が、痛みに関する人種間の違いを小さくする有望な方法になり得ると推奨している。

African Americans report feeling higher levels of pain than Hispanic Americans and non-Hispanic White Americans, which may result from changes in pain-related brain circuitry brought about by a history of discrimination. These findings are reported in Nature Human Behaviour. The study identifies a network of brain regions associated with pain valuation, discrimination, and interpersonal context, which contributed to the higher level of pain reported by African Americans as opposed to the other groups.

A common belief since the time of slavery in the United States is that African Americans feel less pain than White Americans. This belief has been linked to under-treatment of pain for African Americans, which contributes to widespread and persistent racial and ethnic health disparities. In fact, African Americans, and in some cases Hispanic Americans, report more pain than non-Hispanic Whites in both clinical and laboratory settings. However, the neurobiological mechanisms underlying these differences are unknown.

Elizabeth Losin and colleagues used fMRI scans during experimental application of painful heat, along with analysis of 19 sociocultural factors to understand ethnic group differences in pain sensitivity. The authors studied 88 participants: 28 African Americans, 30 Hispanic Americans, and 30 non-Hispanic White Americans. They found that the Neurologic Pain Signature, a brain measure that tracks the intensity of physical pain, was largely similar across all three groups. However, African American participants reported more intense pain than others in the cohort, which was mediated by discrimination. The authors also found increased responses to physically painful stimuli in a frontostriatal brain circuit in African American participants, but not the other groups. Activity in this circuit was related to discrimination and experimenter trust. Previous studies have related activity in this circuit to non-physical aspects of pain.

The findings suggest that the higher levels of pain felt by African Americans may arise, in part, from differences in non-physical pain brain systems, which may in turn result from the long-term effects of negative social treatment. The authors recommend interventions geared towards reducing discrimination and increasing clinician trust may be promising ways to mitigate ethnic disparities in pain.

doi: 10.1038/s41562-020-0819-8

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度