Research press release

マヤ社会における暴力的な争いは、考えられていたよりも早くから起こっていた

Nature Human Behaviour

Maya violent warfare occurred earlier than thought

マヤ低地で、繁栄と芸術的洗練のピークとされる時期に、人々の間で過激な争いが起きていたことを示す証拠について報告する論文が、今週掲載される。今回の研究から、マヤ社会では、従来考えられていたよりも早い時期に、都市の広域の崩壊につながる暴力的な争いが繰り広げられていたことが示唆される。

古典期(西暦250~950年)におけるマヤ社会の争いについてはこれまで、儀式的なものであって、その範囲は限定的だと見なされてきた。一方で学者たちは、古典期末期(西暦800~950年)における暴力的な争いの証拠を、マヤ文明の崩壊を促進した、争いの段階的拡大と解釈してきた。

今回、David Wahlの研究グループは、マヤ社会では、古典期末期よりかなり早い時期に広範な争いが生じていたことを明らかにしている。Wahlたちは、西暦697年5月21日にウィツナル(現在のグアテマラ北部)が2回にわたって攻撃を受けて焼き払われたと記された、ウィツナル南部に位置する古代マヤ都市ナランホで発見されたヒエログリフで刻まれた碑文を解析した。そして、彼らは、この碑文を、西暦7世紀の最後の10年の間に起きた大規模な火災によって生じた、明瞭な炭化層を有するウィツナル近くの湖で見つかった古環境的な証拠と結び付けた。ウィツナル全域にわたって主要なモニュメントが広範に破壊・焼失したという考古学的証拠も、この結び付きを支持するものである。堆積物の分析からは、この火災事象後に土地利用の急激な減少が生じたことが明らかになり、攻撃が、ウィツナルの人々に深刻な悪影響を及ぼしたことが示唆された。

今回の知見は、極端な暴力的な争いは古典期末期に限定的なものであって環境ストレスや限られた資源をめぐる競争の高まりの結果として生じたものである、という従来の説に疑問を投げ掛けるものだと、Wahlたちは述べている。

Evidence of extreme warfare tactics in the Maya lowlands, during a time described as a peak in prosperity and artistic sophistication, is described in a paper published online this week in Nature Human Behaviour. This research suggests that the Maya engaged in violent warfare that resulted in widespread destruction of a city much earlier than previously thought.

Maya warfare during the Classic period (250 - 950 CE) has been viewed as ritualized and limited in scope. However, scholars have interpreted evidence of violent warfare in the Terminal Classic Period (800 - 950 CE) as an escalation that catalysed the collapse of the Maya civilization.

David Wahl and colleagues find that the Maya engaged in total warfare much earlier than the Terminal Classic Period. The authors analysed a hieroglyphic inscription found at Naranjo - a Classic Maya city south of Witzna in what is now northern Guatemala - which states that on 21 May 697 CE, Witzna was attacked and burned for a second time. They then linked this inscription to paleoenvironmental evidence from a lake adjacent to Witzna that has a distinct charcoal layer resulting from a substantial fire event during the last decade of the 7th century CE. Archaeological evidence also supported this link, as evidenced by widespread destruction and burning of the major monuments across Witzna. Sediment analysis shows a dramatic reduction of land use following this fire event, which suggests the attack had severe negative impacts on the population of Witzna.

The authors suggest that these findings challenge theories that extreme violent warfare was limited to the Terminal Classic Period and that it developed as a result of environmental stress and increased competition for limited resources.

doi: 10.1038/s41562-019-0671-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度