目次

Volume 24 Number 6

表紙について

CAR T細胞療法を臨床で使用する際の妨げとなっているのは、サイトカイン放出症候群(CRS)と神経毒性である。A Bondanzaたちはマウスモデルでこれらの副作用の重要な特徴を再現し、原因となっているのが単球由来のIL-1であり、IL-1を阻害すればCRSと神経毒性の両方が抑えられることを明らかにした。これと関連するもう1つの研究でM Sadelainたちは、CRSを仲介しているのがマクロファージであることを明らかにし、CAR T細胞でIL-1阻害剤を発現させることによりCRSを防ぐという方法について報告している。News & Viewsでは、Cliona Rooneyがこれら2つの研究について論じている。表紙はIL-1とIL-6を産生している活性化した単球である。

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News Features

News & Views

乳がんの「がんミュータノーム」を標的にする

Targeting the cancer mutanome of breast cancer p.703

doi: 10.1038/s41591-018-0065-z

サイトカイン放出症候群の動物モデル

Modeling cytokine release syndrome p.705

doi: 10.1038/s41591-018-0068-9

統合失調症の遺伝学と胎盤が関わる合併症との交点

Intersection of schizophrenia genetics and placental complications p.707

doi: 10.1038/s41591-018-0066-y

子どものうちに糖尿病のリスクを低下させる

Reducing diabetes risk at an early age p.708

doi: 10.1038/s41591-018-0067-x

Review Article

心血管疾患:心血管の健康と疾患への骨髄性細胞の関与

Myeloid cell contributions to cardiovascular health and disease p.711

doi: 10.1038/s41591-018-0064-0

Brief Communication

ジカウイルス:アカゲザルでのジカウイルス感染の治療と、予防における抗デング抗体の有効性

Therapeutic and protective efficacy of a dengue antibody against Zika infection in rhesus monkeys p.721

doi: 10.1038/s41591-018-0056-0

Letters

がん治療:転移性乳がんで体細胞変異の免疫認識が完全かつ持続的ながん退縮につながる

Immune recognition of somatic mutations leading to complete durable regression in metastatic breast cancer p.724

doi: 10.1038/s41591-018-0040-8

がん治療:CAR T細胞に誘導されたサイトカイン放出症候群はマクロファージによって仲介され、IL-1遮断によって軽減する

CAR T cell–induced cytokine release syndrome is mediated by macrophages and abated by IL-1 blockade p.731

doi: 10.1038/s41591-018-0041-7

Articles

がん治療:単球由来のIL-1とIL-6はCAR T細胞によるサイトカイン放出症候群と神経毒性に異なる形で必要とされる

Monocyte-derived IL-1 and IL-6 are differentially required for cytokine-release syndrome and neurotoxicity due to CAR T cells p.739

doi: 10.1038/s41591-018-0036-4

がん治療:腎細胞がんでアテゾリズマブ単剤療法あるいはアテゾリズマブとベバシズマブの併用療法をスニチニブと比較した場合の応答の臨床活性および分子相関

Clinical activity and molecular correlates of response to atezolizumab aloneor in combination with bevacizumab versus sunitinib in renal cell carcinoma p.749

doi: 10.1038/s41591-018-0053-3

がん治療:がん治療のために遺伝子エンハンサーでのポリコームとCOMPASSの機能のエピジェネティックなバランスをリセットする

Resetting the epigenetic balance of Polycomb and COMPASS function at enhancers for cancer therapy p.758

doi: 10.1038/s41591-018-0034-6

がん悪液質:転移がんは骨格筋でのZIP14の発現上昇を介して悪液質を促進する

Metastatic cancers promote cachexia through ZIP14 upregulation in skeletal muscle p.770

doi: 10.1038/s41591-018-0054-2

幹細胞:骨髄でのアドレナリン作動性神経の変性は造血幹細胞ニッチの老化を引き起こす

Adrenergic nerve degeneration in bone marrow drives aging of the hematopoietic stem cell niche p.782

doi: 10.1038/s41591-018-0030-x

統合失調症:胎盤の生物学的性質と統合失調症の遺伝的リスクの収束

Convergence of placenta biology and genetic risk for schizophrenia p.792

doi: 10.1038/s41591-018-0021-y

ATR-X症候群:ATR-X症候群のためのDNAグアニン四重鎖を標的とした認知機能改善薬の開発

Targeting G-quadruplex DNA as cognitive function therapy for ATR-X syndrome p.802

doi: 10.1038/s41591-018-0018-6

代謝障害:免疫とべージュ脂肪細胞の間でニコチン性アセチルコリン受容体シグナル伝達を介して行われる情報交換

An immune-beige adipocyte communication via nicotinic acetylcholine receptor signaling p.814

doi: 10.1038/s41591-018-0032-8

骨粗鬆症:骨格内皮細胞を標的として骨量減少を軽減する

Targeting skeletal endothelium to ameliorate bone loss p.823

doi: 10.1038/s41591-018-0020-z

不妊:出生前に起こるミュラー管抑制物質の濃度上昇は胎児を再プログラム化し、成人では多嚢胞性卵巣症候群を誘発する

Elevated prenatal anti-Müllerian hormone reprograms the fetus and induces polycystic ovary syndrome in adulthood p.834

doi: 10.1038/s41591-018-0035-5

免疫:HIVワクチン候補によるCD14+単球での低酸素状態とインフラマソームの活性化はSIVmac251感染リスクの低下と関連する

HIV vaccine candidate activation of hypoxia and the inflammasome in CD14+ monocytes is associated with a decreased risk of SIVmac251 acquisition p.847

doi: 10.1038/s41591-018-0025-7

免疫:エピトープをベースとして設計されたワクチンでは融合ペプチドに対する抗体が得られ、これは多様なHIV-1株を中和する

Epitope-based vaccine design yields fusion peptide-directed antibodies that neutralize diverse strains of HIV-1 p.857

doi: 10.1038/s41591-018-0042-6

Resources

がん:慢性リンパ性白血病の参照エピゲノムと調節クロマチンの全体像

The reference epigenome and regulatory chromatin landscape of chronic lymphocytic leukemia p.868

doi: 10.1038/s41591-018-0028-4

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度