Nature Medicine 目次

Volume 24 Number 5

表紙について

ヒストンH3-K27M変異を持つびまん性正中グリオーマ(DMG)は、致命的となることが多い小児腫瘍である。今回M Monjeたちは前臨床モデルを使って、ジシアロガングリオシドGD2を標的とするCAR T細胞がDMG細胞を殺せることを示し、この免疫治療法は臨床応用が期待できることを明らかにした。ハイエナを襲うトラを描いた表紙画は、外部から導入したCAR T細胞がグリオーマ細胞を攻撃する様子を、自然界では同じ地域に生息することのないトラとハイエナになぞらえたもの。

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News Features

News & Views

がん免疫療法:小児びまん性正中グリオーマの治療にCAR T細胞を使う

CAR T cells for childhood diffuse midline gliomas p.534

doi: 10.1038/s41591-018-0031-9

個別化医療:乳がん治療への応答性を予測する

Predicting breast cancer therapeutic response p.535

doi: 10.1038/s41591-018-0033-7

炎症性疾患:代謝を標的にして乾癬を治療する

Targeting metabolism to treat psoriasis p.537

doi: 10.1038/s41591-018-0027-5

機械学習:医用画像の自動診断についての知識を深めたAI

AI for medical imaging goes deep p.539

doi: 10.1038/s41591-018-0029-3

Review Article

がん:効果的な治療のために必要な腫瘍免疫微小環境(TIME)の解明

Understanding the tumor immune microenvironment (TIME) for effective therapy p.541

doi: 10.1038/s41591-018-0014-x

Brief Communication

肥満:MC4Rの活性化作用はレプチン受容体を欠損する患者で持続的な体重減少を促進する

MC4R agonism promotes durable weight loss in patients with leptin receptor deficiency p.551

doi: 10.1038/s41591-018-0015-9

Letters

がん治療:ARID1A欠損は変異性を高め、免疫チェックポイント阻害により効果を発揮する抗腫瘍免疫療法を強化する

ARID1A deficiency promotes mutability and potentiates therapeutic antitumor immunity unleashed by immune checkpoint blockade p.556

doi: 10.1038/s41591-018-0012-z

がん治療:慢性リンパ性白血病のCD19キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法に対する応答性と抵抗性の決定因子

Determinants of response and resistance to CD19 chimeric antigen receptor (CAR) T cell therapy of chronic lymphocytic leukemia p.563

doi: 10.1038/s41591-018-0010-1

がん治療:H3-K27M+びまん性正中グリオーマでの抗GD2 CAR T細胞の強力な抗腫瘍効果

Potent antitumor efficacy of anti-GD2 CAR T cells in H3-K27M+ diffuse midline gliomas p.572

doi: 10.1038/s41591-018-0006-x

免疫:精密な免疫プロファイリングを行うためのT-ATAC-seq法

Transcript-indexed ATAC-seq for precision immune profiling p.580

doi: 10.1038/s41591-018-0008-8

うつ病:ELK-1シグナル伝達を標的とすることによる抗うつ効果

Antidepressive effects of targeting ELK-1 signal transduction p.591

doi: 10.1038/s41591-018-0011-0

アルツハイマー病:PM20D1はアルツハイマー病と関連付けられる量的形質座位である

PM20D1 is a quantitative trait locus associated with Alzheimer’s disease p.598

doi: 10.1038/s41591-018-0013-y

HIV:HIV-1潜伏リザーバー内のクローン性CD4+ T細胞は再活性化時に独特な遺伝子プロファイルを示す

Clonal CD4+ T cells in the HIV-1 latent reservoir display a distinct gene profile upon reactivation p.604

doi: 10.1038/s41591-018-0017-7

Articles

HIV:修飾Fcドメインを持つ抗体の単回注射はSHIV感染に対する持続的な防御を誘導する

A single injection of crystallizable fragment domain–modified antibodies elicits durable protection from SHIV infection p.610

doi: 10.1038/s41591-018-0001-2

乾癬:皮膚が恒常的状態と損傷状態にある場合のグルコース要求性の差異から明らかになった乾癬の治療標的

Differential glucose requirement in skin homeostasis and injury identifies a therapeutic target for psoriasis p.617

doi: 10.1038/s41591-018-0003-0

がん治療:BRCA1/2変異を持つトリプルネガティブ乳がんのBRCAnessサブグループにおけるカルボプラチンの作用:TNT試験

Carboplatin in BRCA1/2-mutated and triple-negative breast cancer BRCAness subgroups: the TNT Trial p.628

doi: 10.1038/s41591-018-0009-7

がん治療:非小細胞肺がんでのEGFRおよびHER2のエキソン20選択的キナーゼ阻害剤の作用機構と臨床活性

Mechanisms and clinical activity of an EGFR and HER2 exon 20–selective kinase inhibitor in non–small cell lung cancer p.638

doi: 10.1038/s41591-018-0007-9

アルツハイマー病:ヒトiPSC由来ニューロンで見られるアポリポタンパク質E4の毒性作用の出現は小分子の構造修正剤によって改善する

Gain of toxic apolipoprotein E4 effects in human iPSC-derived neurons is ameliorated by a small-molecule structure corrector p.647

doi: 10.1038/s41591-018-0004-z

うつ病:内嗅皮質–歯状回神経回路の刺激は抗うつ的に働く

Stimulation of entorhinal cortex-dentate gyrus circuitry is antidepressive p.658

doi: 10.1038/s41591-018-0002-1

骨粗鬆症:スフィンゴシン 1-リン酸リアーゼを骨量低下に対するアナボリック治療の標的とする

Targeting sphingosine-1-phosphate lyase as an anabolic therapy for bone loss p.667

doi: 10.1038/s41591-018-0005-y

Resources

白血病:びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の分子サブタイプは異なる発症機構と転帰に関連付けられる

Molecular subtypes of diffuse large B cell lymphoma are associated with distinct pathogenic mechanisms and outcomes p.679

doi: 10.1038/s41591-018-0016-8

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度