Nature Medicine 目次

Volume 24 Number 7

表紙について

急性骨髄性白血病(AML)の発症リスクに影響する特定の体細胞変異を、臨床診断が下される数年前に検出できることが明らかになった。この研究は、コホート研究の開始時には健康だったが、追跡調査の期間中にAMLを発症した女性を抽出して行われた。News & Viewsでは、B Ebertがこの研究の意味やL ShlushらのNatureに掲載された関連する論文〔Nature http://doi.org/10.1038/nature13038/ (2014)〕について論じている。表紙は、時間の経過とそれに伴って起こる正常細胞の白血病細胞への形質転換を表した概念表現図。

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News Features

News & Views

パーキンソン病患者の脳での「炎症」を防ぐ

Fire prevention in the Parkinson’s disease brain p.900

doi: 10.1038/s41591-018-0109-4

マイクロバイオームのメタボロミクスで見つかったヒト肝臓脂肪症の新たな促進因子

Microbiome metabolomics reveals new drivers of human liver steatosis p.906

doi: 10.1038/s41591-018-0126-3

Review Article

肝疾患:NAFLDの発症機構と治療戦略

Mechanisms of NAFLD development and therapeutic strategies p.908

doi: 10.1038/s41591-018-0104-9

Brief Communications

HIV:Fiebig I急性HIV感染を持続的に抑制した患者において抗レトロウイルス療法中断後に見られた急激なHIV RNAリバウンド

Rapid HIV RNA rebound after antiretroviral treatment interruption in persons durably suppressed in Fiebig I acute HIV infection p.923

doi: 10.1038/s41591-018-0026-6

ゲノム編集:CRISPR–Cas9ゲノム編集はp53を介するDNA損傷応答を誘導する

CRISPR–Cas9 genome editing induces a p53-mediated DNA damage response p.927

doi: 10.1038/s41591-018-0049-z

Letters

神経変性疾患:ミクログリアによって誘発されるA1アストロサイトへの変換の阻止はパーキンソン病モデルで神経保護的に働く

Block of A1 astrocyte conversion by microglia is neuroprotective in models of Parkinson’s disease p.931

doi: 10.1038/s41591-018-0051-5

幹細胞:p53はヒト多能性幹細胞でCRISPR–Cas9による改変を抑制する

p53 inhibits CRISPR–Cas9 engineering in human pluripotent stem cells p.939

doi: 10.1038/s41591-018-0050-6

がん:DNA修復過程はp53に依存する腫瘍抑制の重要なメディエーターである

DNA repair processes are critical mediators of p53-dependent tumor suppression p.947

doi: 10.1038/s41591-018-0043-5

がん治療:変異型KRASによって駆動されるがんはPTPN11/SHP2ホスファターゼに依存する

Mutant KRAS-driven cancers depend on PTPN11/SHP2 phosphatase p.954

doi: 10.1038/s41591-018-0024-8

がん治療:SHP2はKRAS変異型非小細胞肺がんのin vivoでの増殖に必要である

SHP2 is required for growth of KRAS-mutant non-small-cell lung cancer in vivo p.961

doi: 10.1038/s41591-018-0023-9

がん治療:野生型KRASの増幅した胃食道がんをMEKとSHP2の阻害の組み合わせにより標的とする

Targeting wild-type KRAS-amplified gastroesophageal cancer through combined MEK and SHP2 inhibition p.968

doi: 10.1038/s41591-018-0022-x

がん:非小細胞肺がん中のT細胞の単一細胞塩基配列解読による全体的特性付け

Global characterization of T cells in non-small-cell lung cancer by single-cell sequencing p.978

doi: 10.1038/s41591-018-0045-3

がん:乳がんT細胞の単一細胞プロファイリングから明らかになった、予後改善と関連する組織常在型記憶細胞サブセット

Single-cell profiling of breast cancer T cells reveals a tissue-resident memory subset associated with improved prognosis p.986

doi: 10.1038/s41591-018-0078-7

Articles

がん治療:PD-1阻害による治療を受けた非小細胞肺がんで見られる、転写的および機能的に異なるPD-1+ CD8+ T細胞プールは予測能を持つ

A transcriptionally and functionally distinct PD-1+ CD8+ T cell pool with predictive potential in non-small-cell lung cancer treated with PD-1 blockade p.994

doi: 10.1038/s41591-018-0057-z

免疫:構造に基づく機構によって制御性T細胞を強化するヒト抗IL-2抗体

A human anti-IL-2 antibody that potentiates regulatory T cells by a structure-based mechanism p.1005

doi: 10.1038/s41591-018-0070-2

白血病:急性骨髄性白血病で観察される体細胞変異は診断の数年前から存在している

Somatic mutations precede acute myeloid leukemia years before diagnosis p.1015

doi: 10.1038/s41591-018-0081-z

がん:STAT3は脳転移に必要とされる一部の反応性アストロサイトを標識する

STAT3 labels a subpopulation of reactive astrocytes required for brain metastasis p.1024

doi: 10.1038/s41591-018-0044-4

がん治療:がんの脆弱性を利用する酸化的リン酸化反応阻害剤

An inhibitor of oxidative phosphorylation exploits cancer vulnerability p.1036

doi: 10.1038/s41591-018-0052-4

がん治療:肺がんでSWI/SNF複合体に生じた変異は標的化が可能な酸化的リン酸化依存性を誘導する

Mutations in the SWI/SNF complex induce a targetable dependence on oxidative phosphorylation in lung cancer p.1047

doi: 10.1038/s41591-018-0019-5

糖尿病:肝臓でのフォリスタチンの不活性化は高血糖を軽減する

Inactivating hepatic follistatin alleviates hyperglycemia p.1058

doi: 10.1038/s41591-018-0048-0

脂肪肝:非糖尿病性肥満の女性で見られた肝臓脂肪症の分子フェノミクスとメタゲノミクス

Molecular phenomics and metagenomics of hepatic steatosis in non-diabetic obese women p.1070

doi: 10.1038/s41591-018-0061-3

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度