Nature Medicine 目次

Volume 24 Number 4

表紙について

N M Baddersたちは、球脊髄性筋萎縮症(SBMA)のマウスモデルを使った前臨床試験で、選択的アンドロゲン受容体調節薬が筋肉や神経の変性を回復させることを報告している。表紙は、SBMAマウスの後肢の筋肉内の変性を示す広視野画像。核は青色で、アセチルコリン受容体は緑色で、シナプトフィジンは赤色で標識されている。

画像提供:Jamshid Temirov, James Messing, and Ane Kroff, St.Jude Children's Research Hospital

Article p. 427

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

インフルエンザワクチンへの投資を怠ってはいけない

A checkup for the flu vaccine p.375

doi: 10.1038/nm.4535

News

NEWS FEATURE:HIVとアルツハイマー病という2つの疾患の物語

A tale of two diseases: Aging HIV patients inspire a closer look at Alzheimer's disease p.376

doi: 10.1038/nm0418-376

NEWS FEATURE:ブロックチェーンの使い道

Experimenting with blockchain: Can one technology boost both data integrity and patients' pocketbooks? p.378

doi: 10.1038/nm0418-378

News & Views

マラリアワクチンに使える新たな攻撃部位

A new site of attack for a malaria vaccine p.382

doi: 10.1038/nm.4533

HIV感染予防ゲルの効果は炎症により低下する

Inflammation weakens HIV prevention p.384

doi: 10.1038/nm.4534

「1つの籠に一度に入れる」やり方でプレシジョン腫瘍学を大きく変える

Catalyzing the field of precision oncology, one basket at a time p.387

doi: 10.1038/nm.4530

脊髄損傷のサルに移植した神経前駆細胞が切断部分を埋めて症状を改善

Transplanted neural progenitors bridge gaps to benefit cord–injured monkeys p.388

doi: 10.1038/nm.4531

記憶の正確さを支配する分子機構

A molecular mechanism governing memory precision p.390

doi: 10.1038/nm.4532

Letters

がん治療:経口投与可能な低分子スプライシング調節剤H3B-8800はスプライソソーム変異型がんで致死性を誘導する

H3B-8800, an orally available small-molecule splicing modulator, induces lethality in spliceosome-mutant cancers p.497

doi: 10.1038/nm.4493

がん治療:PTPN12によって調節される複数の受容体を組み合わせて阻害する手法はトリプルネガティブ乳がんで広く有効となる治療戦略につながる

Combinatorial inhibition of PTPN12-regulated receptors leads to a broadly effective therapeutic strategy in triple-negative breast cancer p.505

doi: 10.1038/nm.4507

がん治療:SHP2の阻害は、ALK再構成の起こった非小細胞性肺がんでALK阻害剤に対する感受性を回復させる

SHP2 inhibition restores sensitivity in ALK-rearranged non-small-cell lung cancer resistant to ALK inhibitors p.512

doi: 10.1038/nm.4497

高血糖症:肝臓のグルタミナーゼ活性を標的として高血糖症を改善する

Targeting hepatic glutaminase activity to ameliorate hyperglycemia p.518

doi: 10.1038/nm.4514

Articles

マラリア:スポロゾイト周囲タンパク質への二重の結合を介してマラリア感染を強力に阻害するパブリック抗体系列

A public antibody lineage that potently inhibits malaria infection through dual binding to the circumsporozoite protein p.401

doi: 10.1038/nm.4513

マラリア:マラリア原虫の新規な脆弱部位を標的として感染を防御するヒトモノクローナル抗体

A human monoclonal antibody prevents malaria infection by targeting a new site of vulnerability on the parasite p.408

doi: 10.1038/nm.4512

感染症:侵害受容器知覚ニューロンは肺の細菌感染と致死性肺炎で好中球およびγδT細胞の応答を抑制する

Nociceptor sensory neurons suppress neutrophil and γδ T cell responses in bacterial lung infections and lethal pneumonia p.417

doi: 10.1038/nm.4501

神経変性疾患:アンドロゲン受容体AF2ドメインの選択的調節は球脊髄性筋萎縮症で変性を回復させる

Selective modulation of the androgen receptor AF2 domain rescues degeneration in spinal bulbar muscular atrophy p.427

doi: 10.1038/nm.4500

記憶:歯状回顆粒細胞で誘導されたフィードフォワード抑制はエングラム維持と遠隔記憶汎化を支配する

Dentate granule cell recruitment of feedforward inhibition governs engram maintenance and remote memory generalization p.438

doi: 10.1038/nm.4491

白血病:miR-126の骨髄ニッチへの移送は慢性骨髄性白血病における白血病幹細胞の自己複製を制御する

Bone marrow niche trafficking of miR-126 controls the self-renewal of leukemia stem cells in chronic myelogenous leukemia p.450

doi: 10.1038/nm.4499

がん:乳がんサブタイプの微小環境による制御は、パラクリン型の血小板由来増殖因子CCシグナル伝達を介して誘導される

Microenvironmental control of breast cancer subtype elicited through paracrine platelet-derived growth factor-CC signaling p.463

doi: 10.1038/nm.4494

白血病:前駆B細胞急性リンパ芽球性白血病の診断時に行う単一細胞による発生分類は再発の予測因子を明らかにする

Single-cell developmental classification of B cell precursor acute lymphoblastic leukemia at diagnosis reveals predictors of relapse p.474

doi: 10.1038/nm.4505

幹細胞療法:ヒト神経幹細胞移植が霊長類の脊髄に及ぼす回復効果

Restorative effects of human neural stem cell grafts on the primate spinal cord p.484

doi: 10.1038/nm.4502

HIV:生殖器の炎症は女性のHIV感染防止におけるテノホビルゲルの効果を減弱させる

Genital inflammation undermines the effectiveness of tenofovir gel in preventing HIV acquisition in women p.491

doi: 10.1038/nm.4506

Review

マイクロバイオーム:ヒトマイクロバイオーム研究の現状

Current understanding of the human microbiome p.392

doi: 10.1038/nm.4517

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度