Nature Medicine 目次

Volume 18 Number 6

活性化されたβカテニンシグナル伝達とFOXOシグナル伝達との間で性の悪いクロストークが行われていることをTenbaumたちが見いだし、これが大腸がんの転移を促進し、標的療法に悪い結果をもたらす可能性があることを明らかにしている。表紙は、二重免疫蛍光染色したヒト大腸腺腫パラフィン切片の共焦点顕微鏡画像で、赤はβカテニン、緑はFOXO3a、青はヘキスト染色である。画像提供:Irene Chicote and Héctor G. Palmer, Stem Cells and Cancer Laboratory, Vall d'Hebrón Institute of Oncology, Barcelona, Spain.(ARTICLE p. 892)

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

米国の臨床試験登録サイトClinicalTrials.govが、登録される試験数や結果報告が激減したことでデータのハブという役割を果たせず、改善策を模索している

Clinical trial website struggles to serve as research data hub p.837

doi: 10.1038/nm0612-837

独立系組織である米医学研究所が、医薬品監視体制が十分機能していないという声が多い米国食品医薬品局に医薬品リスク評価の新しい枠組みを提案

Panel proposes framework for FDA to evaluate drug risks p.839

doi: 10.1038/nm0612-839b

遺伝子異常、あるいはある種の薬の副作用などで起こり、突然死につながることもあるQT延長症候群の発生にかかわる新たな経路が判明

Paper reveals new channels for worry over long QT syndrome p.839

doi: 10.1038/nm0612-839a

mGluR5受容体を標的とする脆弱X症候群治療薬は臨床試験も間近だが、この薬は自閉症にも有効かもしれない

Drugs targeting mGluR5 receptor offer 'fragile' hope for autism p.840

doi: 10.1038/nm0612-840

FDAの諮問委ではHIV簡易検査キット「OraQuick」の認可を後押しする採決が出されたが、正確さや値段などの問題が残っている

Recommendation of HIV test brings diagnostic dilemma home p.841

doi: 10.1038/nm0612-841

がん細胞1 個を使ってゲノム解読を行うことは、がん細胞と正常細胞の違いを明らかにし、治療標的を探すためのまたとない手がかりになる

Sequencing cells one at a time offers singular insight into cancer p.842

doi: 10.1038/nm0612-842a

サバイビンを抑制するとされる抗がん剤リード化合物YM155の作用機序に疑問が投げかけられている

Cancer drug's survivin suppression called into question p.842

doi: 10.1038/nm0612-842b

米国の抗肥満薬がたどってきた「ずっしり重い」歴史

A history of drugs on the weight list p.843

doi: 10.1038/nm0612-843

Q & A: Joseph Schwartz氏

Straight talk with...Joseph Schwartz p.846

doi: 10.1038/nm0612-846

OPINION:生物兵器の透明性に関してロシアを非難しよう

Take Russia to 'task' on bioweapons transparency p.850

doi: 10.1038/nm0612-850

Between Bedside and Bench

BENCH TO BEDSIDE:HSCの増殖を難しくする謎のニッチ

The Secrets of the Bone Marrow Niche: Enigmatic niche brings challenge for HSC expansion p.864

doi: 10.1038/nm.2825

BEDSIDE TO BENCH:急性骨髄性白血病のきっかけを作る代謝刺激

The Secrets of the Bone Marrow Niche: Metabolic priming for AML p.865

doi: 10.1038/nm.2831

News & Views

黒色腫のエキソソームは転移の使者

Melanoma exosomes: messengers of metastasis p.853

doi: 10.1038/nm.2775

FOXO3aとβカテニンの共局在化:大腸がんの扱いにくさはこの2つのせい?

FOXO3a and β-catenin co-localization: double trouble in colon cancer? p.854

doi: 10.1038/nm.2799

ニコチン:喫煙と腹部動脈瘤を結びつける

Nicotine: linking smoking to abdominal aneurysms p.856

doi: 10.1038/nm.2714

ペルオキシレドキシンは梗塞後の脳に炎症を起こす

Peroxiredoxin sets the brain on fire after stroke p.858

doi: 10.1038/nm.2797

肥満外科手術の効果に関する新たな手がかり

New clues to bariatric surgery\\\'\'s benefits p.860

doi: 10.1038/nm.2801

Letters

糖尿病:空腸の栄養感知は、非管理下の糖尿病で十二指腸空腸バイパス術によりグルコース濃度を急速に低下させるのに必要である

Jejunal nutrient sensing is required for duodenal-jejunal bypass surgery to rapidly lower glucose concentrations in uncontrolled diabetes p.950

doi: 10.1038/nm.2745

アメーバ症:赤痢アメーバに対するハイスループット薬剤スクリーニングから同定された新しいリード化合物と標的

A high-throughput drug screen for Entamoeba histolytica identifies a new lead and target p.956

doi: 10.1038/nm.2758

ウイルス:エフリン受容体チロシンキナーゼA2はカポジ肉腫関連ヘルペスウイルスに対する細胞受容体である

The ephrin receptor tyrosine kinase A2 is a cellular receptor for Kaposi\\\'\'s sarcoma–associated herpesvirus p.961

doi: 10.1038/nm.2805

高脂血症・血管障害:ApoB含有リポタンパク質はVEGF受容体1の発現修飾により血管形成を調節する

ApoB-containing lipoproteins regulate angiogenesis by modulating expression of VEGF receptor 1 p.967

doi: 10.1038/nm.2759

Articles

腫瘍:黒色腫のエキソソームはMETを介して骨髄前駆細胞を転移促進性表現型へと導く

Melanoma exosomes educate bone marrow progenitor cells toward a pro-metastatic phenotype through MET p.883

doi: 10.1038/nm.2753

がん:大腸がんでβカテニンはPI3KやAKTの阻害物質に対する抵抗性を与え、FOXO3aに転移を促進させる

β-catenin confers resistance to PI3K and AKT inhibitors and subverts FOXO3a to promote metastasis in colon cancer p.892

doi: 10.1038/nm.2772

大動脈瘤:AMP活性化プロテインキナーゼα2のニコチンによる活性化はin vivoでマウスに腹部大動脈瘤形成を誘発する

Activation of AMP-activated protein kinase α2 by nicotine instigates formation of abdominal aortic aneurysms in mice in vivo p.902

doi: 10.1038/nm.2711

虚血後炎症:ペルオキシレドキシンファミリーのタンパク質は脳における虚血後炎症の主要な開始因子である

Peroxiredoxin family proteins are key initiators of post-ischemic inflammation in the brain p.911

doi: 10.1038/nm.2749

肥満:レチンアルデヒドデヒドロゲナーゼ1は白色脂肪組織の熱発生プログラムを調節する

Retinaldehyde dehydrogenase 1 regulates a thermogenic program in white adipose tissue p.918

doi: 10.1038/nm.2757

痛覚過敏:Nav1.8のメチルグリオキサール修飾は侵害受容ニューロンの発火を促進し、糖尿病性神経障害における痛覚過敏の原因となる

Methylglyoxal modification of Nav1.8 facilitates nociceptive neuron firing and causes hyperalgesia in diabetic neuropathy p.926

doi: 10.1038/nm.2750

脂質代謝:肝臓のHdac3は脂質の合成および隔離を抑制して糖新生を促進する

Hepatic Hdac3 promotes gluconeogenesis by repressing lipid synthesis and sequestration p.934

doi: 10.1038/nm.2744

肥満:NF-κB誘導キナーゼは、グルカゴン作用の増強により肥満状態における高血糖および耐糖能低下を促進する

NF-κB–inducing kinase (NIK) promotes hyperglycemia and glucose intolerance in obesity by augmenting glucagon action p.943

doi: 10.1038/nm.2756

Review

エリテマトーデス:狼瘡を飼い馴らす―発症機序の新たな解明が臨床的進歩につながっていく

Taming lupus—a new understanding of pathogenesis is leading to clinical advances p.871

doi: 10.1038/nm.2752

Technical Reports

ワクチン:過酸化水素を用いた新しいワクチン製造基盤技術の開発

Development of a new hydrogen peroxide–based vaccine platform p.974

doi: 10.1038/nm.2763

がん免疫療法:モノクローナルTCRを使った標的転換による腫瘍細胞殺滅

Monoclonal TCR-redirected tumor cell killing p.980

doi: 10.1038/nm.2764

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度