Nature Medicine 目次

Volume 18 Number 7

組織の繊維化は、解明が難しい厄介な問題である。今月号のReviewでは、WynnとRamalingamが繊維化の基盤機構について現在わかっていることをまとめ、新たな治療法の発見につながるような今後の研究目標を示している。表紙は、肺繊維症患者胸部の着色コンピュータ断層撮影画像。肺組織は緑色で、繊維化が起こっている領域は橙色で示している。REVIEW p. 1028 
画像提供:Du Cane Medical Imaging LTD/Science Photo Library

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

カナダとEU間で結ばれた貿易協定は、カナダのジェネリック医薬品業界を斜陽化させる?

Accord could make Canadian generics industry a 'rust bucket' p.991

doi: 10.1038/nm0712-991b

今年前半の感染者数増大をふまえて、百日咳ワクチンの効果を高めるための新規アジュバントや新生児用の生ワクチンの研究が進められている

New adjuvants aim to give whooping cough vaccine a boost p.991

doi: 10.1038/nm0712-991a

パーキンソン病の原因タンパク質を標的とする初めての治療薬が臨床試験段階に

First therapy targeting Parkinson's proteins enters clinical trials p.992

doi: 10.1038/nm0712-992b

バイオバンクは膨大なデータという難問の解決を新しいソフトウェアに期待

Biobanks look to software solutions to handle data deluge p.992

doi: 10.1038/nm0712-992a

がんの新しい免疫療法薬は多様ながんで効果が期待される

Cancer immunotherapy shows promise in multiple tumor types p.993

doi: 10.1038/nm0712-993

新しいタイプの睡眠薬は、もっと安全な眠りをもたらしてくれそうだ

New class of sleep drugs may offer a safer night's rest p.996

doi: 10.1038/nm0712-996

Q & A: Philip Dellinger氏

Straight talk with...Phillip Dellinger p.1002

doi: 10.1038/nm0712-1002

OPINION:組換えDNA諮問委員会(RAC)を方向転換させよう

Refocus the Recombinant DNA Advisory Committee p.1007

doi: 10.1038/nm0712-1007

Between Bedside and Bench

BEDSIDE TO BENCH:がんの代謝を標的にする:臨床で学んだことを活かす

Untuning the tumor metabolic machine: Targeting cancer metabolism: a bedside lesson p.1022

doi: 10.1038/nm.2870

BENCH TO BEDSIDE:HIF-αは腫瘍形成を促進するのか、抑制するのか?

Untuning the tumor metabolic machine: HIF-α: pro- and antitumorigenic? p.1024

doi: 10.1038/nm.2865

Community Corner

COMMUNITY CORNER:HIVワクチンの作用機序を探る

Mining the mechanisms of an HIV vaccine p.1020

doi: 10.1038/nm.2858

News & Views

miR-23bは自己免疫を防ぐための安全装置

MiR-23b is a safeguard against autoimmunity p.1009

doi: 10.1038/nm.2849

放射線傷害で死なないようにする方法

To survive radiation injury, remember your aPCs p.1013

doi: 10.1038/nm.2859

NKT細胞はHBV感染の早期警告システムとして働いている

NKT cells—an early warning system for HBV infection p.1014

doi: 10.1038/nm.2853

炎症の準備はOK:腱付着部に常在する
T細胞

Primed for inflammation: enthesis-resident T cells p.1018

doi: 10.1038/nm.2854

Letters

生殖医学:上皮型Na+チャネル活性化は胚の着床に必要なプロスタグランジンE2の放出と産生を引き起こす

Activation of the epithelial Na+ channel triggers prostaglandin E2 release and production required for embryo implantation p.1112

doi: 10.1038/nm.2771

白血病:急性骨髄性白血病における受容体型チロシンキナーゼMETのオートクリン活性化

Autocrine activation of the MET receptor tyrosine kinase in acute myeloid leukemia p.1118

doi: 10.1038/nm.2819

放射線損傷:トロンボモジュリン−活性化プロテインC経路の薬理学的標的化は放射線毒性を軽減する

Pharmacological targeting of the thrombomodulin–activated protein C pathway mitigates radiation toxicity p.1123

doi: 10.1038/nm.2813

白質萎縮症:マウスのペリツェウス・メルツバッハー病のコレステロール強化食による治療

Therapy of Pelizaeus-Merzbacher disease in mice by feeding a cholesterol-enriched diet p.1130

doi: 10.1038/nm.2833

筋萎縮症:ウイルスによるmiR-196aの遺伝子導入はCELF2の発現抑制を介してSBMAの表現型を改善する

Viral delivery of miR-196a ameliorates the SBMA phenotype via the silencing of CELF2 p.1136

doi: 10.1038/nm.2791

Articles

がん:ネオアジュバント化学療法後の残存乳がんのプロファイリングはDUSP4欠損が薬剤抵抗性機構の1つであることを明らかにしている

Profiling of residual breast cancers after neoadjuvant chemotherapy identifies DUSP4 deficiency as a mechanism of drug resistance p.1052

doi: 10.1038/nm.2795

ウイルス感染:B型肝炎ウイルスにより誘導される脂質変化はナチュラルキラーT細胞依存性の防御免疫に関与する

Hepatitis B virus–induced lipid alterations contribute to natural killer T cell–dependent protective immunity p.1060

doi: 10.1038/nm.2811

免疫:IL-23は腱付着部に定着するROR-γt+CD3+CD4CD8 T細胞に作用することで脊椎関節症を誘導する

IL-23 induces spondyloarthropathy by acting on ROR-γt+ CD3+CD4CD8 entheseal resident T cells p.1069

doi: 10.1038/nm.2817

炎症:マイクロRNAのmiR-23bはTAB2、TAB3およびIKK-αを標的にしてIL-17に関連する自己免疫性炎症を抑制する

The microRNA miR-23b suppresses IL-17-associated autoimmune inflammation by targeting TAB2, TAB3 and IKK-α p.1077

doi: 10.1038/nm.2815

てんかん:マイクロRNA-134のサイレンシングは神経保護性の持続的痙攣抑制効果を生じる

Silencing microRNA-134 produces neuroprotective and prolonged seizure-suppressive effects p.1087

doi: 10.1038/nm.2834

骨生理学:骨基質のIGF-1は間葉系幹細胞でのmTOR活性化により骨量を維持する

Matrix IGF-1 maintains bone mass by activation of mTOR in mesenchymal stem cells p.1095

doi: 10.1038/nm.2793

子宮内膜症:ステロイド受容体活性化補助因子1の新規アイソフォームは子宮内膜症の病態進行にきわめて重要である

A new isoform of steroid receptor coactivator-1 is crucial for pathogenic progression of endometriosis p.1102

doi: 10.1038/nm.2826

Reviews

繊維症:繊維化の機序:繊維性疾患治療へのトランスレーション

Mechanisms of fibrosis: therapeutic translation for fibrotic disease p.1028

doi: 10.1038/nm.2807

胎児医学:出生前ゲノム診断から胎児への個別化医療まで:進歩と難問

From prenatal genomic diagnosis to fetal personalized medicine: progress and challenges p.1041

doi: 10.1038/nm.2829

Technical Reports

生体工学:神経運動障害後の歩行とバランスを評価し、可能にし、訓練するための多用途ロボットインターフェース

Versatile robotic interface to evaluate, enable and train locomotion and balance after neuromotor disorders p.1142

doi: 10.1038/nm.2845

再生医学:急速分解するエラストマーは無細胞性人工移植片から新しい動脈血管への迅速なリモデリングを可能にする

Fast-degrading elastomer enables rapid remodeling of a cell-free synthetic graft into a neoartery p.1148

doi: 10.1038/nm.2821

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度