Nature Medicine 目次

Volume 18 Number 10

表紙について

Kusminskiたちは、ミトコンドリア活性の調節によって、代謝的には正常な状態を保ったまま、白色脂肪組織を増やす方法を明らかにしている。こうして脂肪組織が拡大した、これまで報告されている中で最も肥満しているマウスでは、極端な代謝状況にあってもインスリン感受性が維持されているという意外な結果が得られた。

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

前立腺がんなどの手術が原因で起こる勃起不全の治療法として、幹細胞療法やサイトカインの投与などが提案されているが、早い段階で投与して神経変性を防ぐという薬剤が新たに登場した

Early-stage therapies target surgery-induced erectile dysfunction p.1444

doi: 10.1038/nm1012-1444

米大統領選の候補2人が打ち出している政策は、経済・福祉だけでなくバイオ医薬品分野の活性化戦略でも大きな隔たりがあり、選挙結果は製薬企業に大きな影響を及ぼすことになりそうだ

US presidential candidates diverge on how to help biopharma p.1445

doi: 10.1038/nm1012-1445

新薬臨床試験の不成功など5つものマイナス材料にもかかわらず、イーライリリー社への投資家の期待は依然として変わっていない

Despite quintuple disappointments, Lilly still charms investors p.1446

doi: 10.1038/nm1012-1446b

ダラツムマブなどのCD38を標的とする血液がん治療薬に、製薬業界は非常に大きな期待を寄せているが

Companies wager high on CD38-targeting drugs for blood cancer p.1446

doi: 10.1038/nm1012-1446a

米国立先進トランスレーショナル科学センター(NCATS)は初代センター長が決まり、企業との協力体制がほぼ整った

NCATS gains first chief and positions for industry partnerships p.1447

doi: 10.1038/nm1012-1447b

エイズ患者の支援を行っている米国最大の非営利民間団体AIDS Healthcare Foundationがサンフランシスコ市に製薬企業に対して医薬品値引き交渉をするように求め、波紋が広がっている

Proposal for San Francisco to negotiate drug prices makes waves p.1447

doi: 10.1038/nm1012-1447a

米国ヨセミテ国立公園で続けて発生したハンタウイルス感染による肺症候群には、シグナル伝達阻害薬やワクチンなどが効果があるらしいことがわかり、ようやく治療法の糸口が見えてきた

Hantavirus treatments advance amidst outbreak in US park p.1448

doi: 10.1038/nm1012-1448a

Between Bedside and Bench

インフルエンザに対する闘いはなおも継続中:インフルエンザの伝播という難問

The Ongoing Battle Against Influenza: The challenge of flu transmission p.1468

doi: 10.1038/nm.2953

インフルエンザに対する闘いはなおも継続中:薬剤耐性インフルエンザウイルス:適応が問題となるのはなぜなのか

The Ongoing Battle Against Influenza: Drug-resistant influenza viruses: why fitness matters p.1470

doi: 10.1038/nm.2954

Essays

科学におけるパラダイムシフト:芸術の視点からの考察

Paradigm shifts in science: insights from the arts p.1473

doi: 10.1038/nm.2923

生物系でのエネルギー変換の解明に至る1つの道

One path to understanding energy transduction in biological systems p.1478

doi: 10.1038/nm.2924

自然が投げかける難問を追う

Following nature's challenges p.1483

doi: 10.1038/nm.2957

ヒトはどの程度まで運に恵まれるのか? ぴったりのタイミングでどんぴしゃりの場所にいた若い研究者の見方

How lucky can one be? A perspective from a young scientist at the right place at the right time p.1486

doi: 10.1038/nm.2925

肝臓移植までの遠い道のり

The long reach of liver transplantation p.1489

doi: 10.1038/nm.2927

「それは無理だよ」

“It can't be done” p.1493

doi: 10.1038/nm.2926

精製した遺伝子を使う発生生物学

Developmental biology using purified genes p.1496

doi: 10.1038/nm.2929

古典分子生物学から現代の分子生物学へ

On the road from classical to modern molecular biology p.1499

doi: 10.1038/nm.2931

News & Views

カルシウム循環からの熱が脂肪を融かす

Heat from calcium cycling melts fat p.1458

doi: 10.1038/nm.2956

複雑な代用品:血友病の抗体療法

A complex substitute: antibody therapy for hemophilia p.1460

doi: 10.1038/nm.2959

側面攻撃:球脊髄性筋萎縮症で新しい経路を標的にする

Attacking the flank: targeting new pathways in SBMA p.1461

doi: 10.1038/nm.2967

Letters

血液疾患:凝固第IXa因子と第X因子に対する二重特異性抗体は血友病Aモデルで凝固第VIII因子の止血活性を復元する

A bispecific antibody to factors IXa and X restores factor VIII hemostatic activity in a hemophilia A model p.1570

doi: 10.1038/nm.2942

生理:サルコリピンは哺乳類における筋による熱産生の新規に同定された調節因子である

Sarcolipin is a newly identified regulator of muscle-based thermogenesis in mammals p.1575

doi: 10.1038/nm.2897

Articles

がん:黒色腫では発がん性NRASシグナル伝達が腫瘍細胞の生存と増殖を別々に調節している

Oncogenic NRAS signaling differentially regulates survival and proliferation in melanoma p.1503

doi: 10.1038/nm.2941

がん:LIFRはHippo-YAP経路上流で働く乳がん転移抑制因子で予後マーカーである

LIFR is a breast cancer metastasis suppressor upstream of the Hippo-YAP pathway and a prognostic marker p.1511

doi: 10.1038/nm.2940

免疫:加齢に伴って起こるmiR-181aの発現低下はDUSP6活性を上昇させてT細胞受容体の感受性を損なう

Decline in miR-181a expression with age impairs T cell receptor sensitivity by increasing DUSP6 activity p.1518

doi: 10.1038/nm.2963

免疫:幼少期の呼吸器合胞体ウイルス感染は制御性T細胞機能を障害しアレルギー性喘息に対する感受性を高める

Early infection with respiratory syncytial virus impairs regulatory T cell function and increases susceptibility to allergic asthma p.1525

doi: 10.1038/nm.2896

神経変性疾患:ナラトリプタンは伸長ポリグルタミンリピート鎖が引き起こすCGRP1関連運動神経変性を軽減する

Naratriptan mitigates CGRP1-associated motor neuron degeneration caused by an expanded polyglutamine repeat tract p.1531

doi: 10.1038/nm.2932

代謝:脂肪細胞ミトコンドリア活性のmitoNEETによる変化は、肥満時にインスリン感受性を維持するきわめて重要な適応過程を明らかにしている

MitoNEET-driven alterations in adipocyte mitochondrial activity reveal a crucial adaptive process that preserves insulin sensitivity in obesity p.1539

doi: 10.1038/nm.2899

造血:HCLS1、HAX1およびLEF-1がかかわるタンパク質間相互作用はG-CSFが引き起こす顆粒球形成に不可欠である

Interactions among HCLS1, HAX1 and LEF-1 proteins are essential for G-CSF–triggered granulopoiesis p.1550

doi: 10.1038/nm.2958

血管新生:クラスII PI3Kの1つである内皮PI3K-C2αは血管新生と血管の障壁機能に重要な役割を担っている

Endothelial PI3K-C2α, a class II PI3K, has an essential role in angiogenesis and vascular barrier function p.1560

doi: 10.1038/nm.2928

Technical Reports

がん:遠隔操作型ナノ変換器としてアップコンバージョン・ナノ粒子を用いるin vivo光線力学療法

In vivo photodynamic therapy using upconversion nanoparticles as remote-controlled nanotransducers p.1580

doi: 10.1038/nm.2933

画像化法:89Zr-トランスフェリン画像化法を用いた、MYC活性状態の注釈付け

Annotating MYC status with 89Zr-transferrin imaging p.1586

doi: 10.1038/nm.2935

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度