Nature ハイライト

膜の生物物理学:Gタンパク質共役型イオンチャネルのシグナル伝達

Nature 567, 7746

GABAB受容体はGタンパク質共役受容体で、抑制性神経伝達に関わっている。この受容体はGタンパク質を介して内向き整流性カリウムチャネルであるGIRKへシグナルを伝達し、これが膜の過分極を引き起こす。今回、A Kruseたちは、構造データと生化学データを組み合わせて用い、速いGIRK脱感作が起こる過程を解明した。この研究によって、KCTD補助サブユニットがGABAB受容体とGβγサブユニットの両方へ結合することでこの過程を調節する仕組みが明らかになった。KCTDとGタンパク質の結合は協同的であって、これによりGIRKチャネルからGタンパク質が引き剥がされ、速い脱感作が誘導されると考えられる。

2019年3月7日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度