Nature ハイライト

物性物理学:ねじれた二次元半導体ヘテロ構造のモアレ励起子

Nature 567, 7746

ねじれた2層グラフェンにおけるモット絶縁相と超伝導相の発見は、最近の物性物理学における主要な発見の1つである。これは、二次元(2D)材料をねじって垂直に積層したり、格子定数差がある2D材料を垂直に積層したりしてできるモアレ超格子から現れる新しい特性の一例である。今回F Wangたち、X Xuたちはそれぞれ、2D半導体ヘテロ構造WSe2/WS2とMoSe2/WSe2という2つのねじれた2層系においてオプトエレクトロニクス特性を調べ、これらの2層系が作るモアレ格子に捕捉された励起子の存在を報告している。得られた結論は、印加電場の下での吸収スペクトルの多重ピークの特性評価に基づいている。今回の知見は、2Dモアレ光学の探究における第一歩であり、これまでにない相(例えばトポロジカル励起子)の探究につながる可能性がある。

2019年3月7日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度