Nature ハイライト

分子生物学:雌の胚は複製によるストレスと炎症に影響を受けやすい

Nature 567, 7746

ゲノム不安定性が、チェックポイント活性化、老化、炎症を誘導することは知られているが、哺乳類の発生においてゲノム不安定性がどのような影響を及ぼすかはまだ調べられていない。今回J Schimentiたちは、DNA複製に必要なヘリカーゼの変異が、雄よりも雌で胚致死を引き起こす傾向があることを見いだしている。この影響は、雌のX染色体不活性化過程や雄がY染色体を持つこととは関連がなく、テストステロンの追加投与により救済できることが分かった。テストステロンは抗炎症応答を引き起こすらしく、複製に関わる遺伝子の複数の変異体でイブプロフェンを投与することによりその影響を模倣できた。

2019年3月7日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度