Nature ハイライト

Cover Story:障害のない連結:3Dで表現された物理的ネットワークの構造

Nature 563, 7733

脳のニューロンや3D集積回路など物理的ネットワークの多くでは、ノードとリンクはそれら自体が物理的な物体であるため、互いに交わったり重なり合ったりできない。しかし、そうしたネットワークの記述に用いられる数理的枠組みは、こうした構成要素が占める実際の空間に十分な注意を払っておらず、「交わらない」という基準を説明できないことが多い。この影響は、ネットワークの充填密度が増すにつれてますます重要になる。今回N Dehmamyたちは、そうした物理的な制約条件を説明する理論的枠組みを報告している。それによって、充填密度が変化するにつれて、交わらないという基準がどのようにネットワークの配置に影響を及ぼし3D構造を変化させるかを調べることができるようになった。表紙は、著者たちの数学的枠組みに基づいてレイアウトされ、3Dプリンターで印刷された2つのネットワークである。左側は、Barabási–Albertモデルによって生成されたスケールフリーネットワークで、右側は、Erdős–Rényiモデルによって生成されたランダムネットワークである。

2018年11月29日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度