Nature ハイライト

古気候学:過去の気候を示す保存された花粉

Nature 554, 7690

数十年に及ぶ研究にもかかわらず、完新世(過去1万1700年間)における気候の変化傾向についてはまだ議論が積み重ねられている。例えば、日射の既知の変化を強制力として与えた気候モデルは温暖化をシミュレートする傾向があるのに、海洋記録などの代理指標を用いた再構築結果は、産業革命後の急速な温暖化の前に、後期完新世にわたって寒冷化したことを示すことが多い。今回J Marsicekたちは、北米とヨーロッパで得られた広範な花粉記録を再解析して、完新世は温暖化傾向にあることを示している。これは、気候モデルのシミュレーション結果と一致する。寒冷化の証拠は、全球ではなく、北大西洋域に限定されているようである。

2018年2月1日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度