Nature ハイライト

天文学:白色矮星のコア

Nature 554, 7690

白色矮星は星の大半がたどる進化の最終点であり、白色矮星同士の合体によって、宇宙論で使われているIa型超新星が生み出されていると考えられている。しかし、白色矮星の内部構造はあまりよく分かっていない。今回N Giammicheleたちは、アーカイブデータと星震探査法を使って、水素の欠乏した白色矮星KIC08626021の中心には均一なコアがあり、その質量は太陽質量の0.45倍で、その86%が酸素であることを見いだしている。このコアは、標準的なモデルから予想されるより大きく、酸素の割合も高い。

2018年2月1日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度