Nature ハイライト

がん: REV-ERBで抑制される腫瘍

Nature 553, 7688

概日時計は、生物のさまざまな生理学的機能を調節している。さらに、概日時計装置とがんの間のつながりも明らかになってきた。G Sulliたちは今回、REV-ERBの機能を解き明かすことで、このつながりをさらに調べた。これらの核内ホルモン受容体は転写を調節しており、概日時計の必須構成因子の1つである。REV-ERBアゴニストでがん細胞を処理すると、オートファジーとde novo脂質生合成の阻害により細胞死が引き起こされた。また、これらのアゴニストはin vivoでの腫瘍増殖も阻害した。

Letter p.351
doi: 10.1038/nature25170 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年1月18日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度