Nature ハイライト

植物科学: 細胞表面の相互作用のネットワーク

Nature 553, 7688

細胞表面受容体は、細胞内部とその外部環境とのコミュニケーションを媒介している。具体的には、このような受容体の細胞外ドメイン(ECD)は細胞外分子と相互作用する。異なる受容体のECD間の相互作用が、どのようにしてシグナル伝達のための受容体複合体の形成に関わっているかはあまり分かっていない。今回Y Belkhadirたちは、植物の防御や発生などの過程において複数の役割を持つ植物細胞表面受容体の巨大なファミリーであるロイシンリッチリピート受容体キナーゼ(LRR-RK)群について、システムレベルでの構成を研究している。彼らは、ハイスループットアッセイを用いて4万の潜在的なECD相互作用を調べ、これらの受容体の細胞表面相互作用ネットワークを構築して、その動態を解析した。著者たちは、植物の発生や免疫において特性が明らかになっていないLRR-RKの機能を予測し検証することで、このネットワークが生物学的に意義のある相互作用を検出するのに有効であることを示している。

Letter p.342
doi: 10.1038/nature25184 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年1月18日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度