Nature ハイライト

がん: 高感受性の皮膚がん

Nature 553, 7688

繊維形成性黒色腫(DM)は皮膚がんのまれなサブタイプで、その特徴は、高密度の間質と、治療標的となり得る変異の欠如だが、紫外線曝露に関連した変異荷重は高い。著者たちは、免疫チェックポイント阻害療法による治療を受けた1058人の黒色腫患者の後ろ向き病理再検討を行った。その結果、60例のDMが明らかになり、これらのうちの約70%がPD-1(programmed cell death 1)またはPD-L1(PD-1 ligand)の阻害に応答した。DMは、免疫療法への応答と関連した特異的パターンを持つ、CD8細胞の高度な浸潤とPD-L1の高発現を示す。この解析により、DMは免疫療法に対する奏功率が最も高い腫瘍の1つであり、この奏功率は変異荷重とは無関係だが、免疫細胞の浸潤と相関していることが示唆された。

Letter p.347
doi: 10.1038/nature25187 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年1月18日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度