Nature ハイライト

微生物学:細菌の形を決めるSpmX

Nature 506, 7489

細菌の多種多様な形態の進化を担ってきた仕組みについては、まだよく分かっていない。今回Y Brunたちは、Caulobacter属とAsticcacaulis属の細菌では、リゾチームファミリーの局在因子SpmXをコードするspmX遺伝子が、細胞の形態に重要な影響を持つ発生調節因子であることを突き止めた。SpmXは、細胞外被にある茎様の突起物(ストーク)の位置を、Caulobacter属では細胞の極に、Asticcacaulis属では両脇に指定することが分かった。系統発生解析によって、spmXの特定領域の段階的な進化が、このタンパク質の新たな機能の獲得と局在化につながり、ストークの位置の連続的な移行が起こったことが明らかになった。

2014年2月27日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度