Nature ハイライト

細胞生物学:クローン病の遺伝学

Nature 506, 7489

クローン病は先進国でかなりの健康問題となりつつある慢性炎症性腸疾患で、オートファジー関連遺伝子ATG16L1のThr300がAlaになる多型(T300A)はこの病気の重要な感受性因子であることが認められている。今回、Th300は、カスパーゼがヒトATG16L1を切断するP1′部位に存在していて、T300Aはカスパーゼ3による切断に対するATG16L1の感受性を上昇させることが明らかにされた。これによって、代謝ストレスやデス受容体の刺激に応答して起こるオートファジー誘導が低下して、炎症性サイトカインの分泌増加につながる。これらの結果から、カスパーゼ3活性化経路を抑制するような治療が、ATG16L1の安定化などによって、オートファジーと腸の恒常性を回復させる可能性が考えられる。

2014年2月27日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度