Nature ハイライト

神経科学:新生児脳損傷のEGFR治療

Nature 506, 7487

未熟児の生存率が上昇しており、それとともに新生児の慢性神経発達障害の発生率も増えている。びまん性白質損傷は新生児脳損傷のある早期産児で一般的に見られ、オリゴデンドロサイト前駆細胞の成熟不全が原因の1つと考えられている。今回V Galloたちは、びまん性白質損傷モデルでオリゴデンドロサイト前駆細胞の上皮増殖因子受容体(EGFR)シグナル伝達を特異的に増強すると、細胞と機能の損傷後回復が促進されることを見いだした。この治療により、オリゴデンドロサイトの細胞死は減少し、新たなオリゴデンドロサイトの産生が増加した。この結果から、EGFRシグナル伝達が、白質損傷後の未熟児の治療標的候補であることが明らかになった。

2014年2月13日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度