Nature ハイライト

量子物理学:実用的な量子エラー訂正

Nature 506, 7487

量子情報処理には、古典計算では取り組むことさえ不可能な問題を解決する非常に強力なものとなる可能性がある。1つの欠点は、それが量子重ね合わせと量子もつれという壊れやすいリソースに頼っていることで、これらは容易に擾乱を受ける。そのため、エラー訂正はフォールトトレラントな量子計算の中心であり、さまざまな方法が提案されているが、実験で実現されたものはわずかしかない。G Waldherrたちは、ダイヤモンド結晶中に存在する電子スピンと核スピンからなる系に対して量子エラー訂正過程を実証することに成功した。3個の隣接する核スピンが、量子エラー訂正プロトコルに必要な3個のもつれた量子ビット(キュービット)を形成し、電子スピンとの相互作用によって読み出しが可能となる。この新しい方法は、シリコン中のドーパントに基づく系のような他の固体ハイブリッド量子スピン系にも応用できる。

2014年2月13日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度