Nature ハイライト

保全:海洋保護を実現するための5つの条件

Nature 506, 7487

海洋保護区は、海洋保全戦略の中でも重要で増加しつつある要素の1つだが、その有効性にはばらつきがあり、議論も多い。今回、世界各地の漁獲対象海域と87か所の海洋保護区からデータを収集して検証したところ、保護区の有効性が5つの重要な特性、すなわち認められている漁獲量、強制力のレベル、保護の実施年数、面積、および隔離の程度に依存することが示された。この5つが全て満たされて初めて、保全が保証される。

2014年2月13日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度